イリュストラシオン

イリュストラシオンL'Illustration)は、1843年3月4日[1]から1944年8月19日[1]まで、フランスパリで発行されていた週刊の挿絵入り新聞である。

イリュストラシオン(1891年)

フランスで最初の挿絵入り週刊新聞である[1]

概要編集

1843年当時の一般的な新聞が4ページであったのに対し、イリュストラシオンのページ数は16ページ、図版が多く掲載されていたことから、1万数千部を発行[1]。19世紀末から発行部数は増加し、最盛期の1920年代には20万部を超えていた[1]。なお、最大発行部数は、1929年フェルディナン・フォッシュ元帥死去を報じた65万部である[1]。フランスのみならず、世界中に配布されており1931年時点では148ヵ国で予約購読されていた[1]

初期の年間購読料は30フランで、ばら売りは1部75サンチームであった[1]。この価格帯は、明らかに大衆紙ではなく、購読層はブルジョワ層であったが、穏健な意見、中庸の重視、共和主義的価値観を持った知識人や支配階級の一部であった[1]1891年にはフランスの新聞として初めて写真を掲載。20世紀には前述のように発行部数の増加と共に、大衆化し、紙面の性格も変わっていった[1]1907年にはガストン・ルルーの推理小説『黄色い部屋の秘密』が連載されている。

日本の記事も多数掲載されており、幕末期から明治、大正、昭和の世相や事件、文化を知る資料となっている。

表紙絵編集

所属イラストレーター(一部)編集

関連紙誌編集

※発刊順に列記

出典・脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j 木下賢一「フランスの挿し絵入り新聞『イリュストラシオン』のコレクションについて」『明治大学図書館紀要』第12号、明治大学図書館、2008年3月、 178-183頁、 ISSN 1342-808XNAID 120001941347