メインメニューを開く

イルカ交通株式会社(イルカこうつう)は、富山県高岡市二塚に所在する貸切バス路線バス、タクシー事業者。 小矢部市内に本社を構える大和トランスポート(略称・YTP)[1]グループの一員。

イルカ交通株式会社
Dolphin traffic
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
933-0816
富山県高岡市二塚418-1
北緯36度41分5.7秒 東経136度53分36.9秒 / 北緯36.684917度 東経136.893583度 / 36.684917; 136.893583座標: 北緯36度41分5.7秒 東経136度53分36.9秒 / 北緯36.684917度 東経136.893583度 / 36.684917; 136.893583
本店所在地 932-0814
富山県小矢部市赤倉169
北緯36度39分20.5秒 東経136度53分28.1秒 / 北緯36.655694度 東経136.891139度 / 36.655694; 136.891139
設立 1999年2月10日
業種 陸運業
法人番号 1230001008695
事業内容 一般貸切旅客運送事業
一般乗合旅客運送事業
一般乗用旅客運送事業
代表者 村西更新(代表取締役会長
資本金 2100万円
従業員数 100人
主要株主 大和トランスポート
外部リンク https://www.iruka-net.jp/
テンプレートを表示
イルカ交通の貸切バス(入善PAにて)

目次

沿革編集

  • 2008年(平成20年)
    • 4月20日 - 高速バス事業開始。
    • 5月20日 - 高岡市二塚地内のイオンモール高岡及び済生会高岡病院に隣接する敷地で新バスターミナルが整備され、この日よりきときとライナーの乗り入れを開始。
  • 2009年(平成21年)
    • 5月1日 - きときとライナーのイルカ交通本社~高岡駅間での運行を廃止し、3往復のうち1往復を高岡より氷見・和倉温泉(和倉温泉観光会館)まで路線延長。同時に高岡駅発着の2往復が新設の「小矢部東インター口」に乗り入れ。また、運行担当が新設の高岡営業所に変更(氷見~和倉温泉間は2010年4月1日より運休中)。
    • 7月18日 - きときとライナーを土、日、祝日、夏休み、春休み期間中のみ1日4往復運行。
  • 2010年(平成22年)4月2日 - ドルフィンライナーの運行を開始。
  • 2011年(平成23年) - きときとライナー五箇山インター口停留所を設置。ドルフィンライナー滑川インター口停留所を設置、使用車両を半個室型の2列シートに置き換え。
  • 2013年(平成25年)
    • 7月 - 「新高速乗合バス」制度施行に伴い、ドルフィンライナーの運行を終了。
    • 8月 - きときとライナー東京線運行開始。
  • 2014年(平成26年)
    • 7月 - 小矢部市下後亟(しもごぜ)地内の小矢部東インターチェンジ前に大駐車場を完備した「小矢部高速バスターミナル」が完成したことに伴い、名古屋線、東京線ともに従来の「小矢部東インター口」から停留所を移転し乗り入れを開始。
    • 9月 - 東京線を休止。
  • 2018年(平成30年)10月 - 本社営業所を高岡市二塚地内に新設し、高岡バスターミナルとして開業。貸切バス、路線バス、タクシーともに集約され、イオンモール高岡前の旧ターミナルは閉業した。

高速バス編集

 
きときとライナー(砺波駅南にて)

きときとライナー 名古屋‐高岡線編集

「きときと」とは富山地方の方言で「新鮮な、生き生きとした」を意味する言葉である。高岡市・砺波市・小矢部市・南砺市と名古屋市とを国道156号・富山県道16号砺波小矢部線・能越自動車道・東海北陸自動車道・名神高速道路・名古屋高速道路を経由して結ぶ

※:全席指定制のため乗車には予約が必要。以前は電話予約並びに営業所内、バス車内での直接購入のみに限られていたが、近年ではウェブ予約も可能になっている。
  • 3列・4列合造車や全席エコノミーシートの車両にはパウダールーム付きのトイレを装備しているが、全席3列シート車は中央床下にトイレを配している。
  • 当初、イルカ交通本社~高岡駅間は回送区間とする予定であったが、小矢部市側の強い要望で開業より約1年間営業区間に含められていた。現在は代替として前述の「小矢部高速バスターミナル」に駐車場を設けて利便を図っている。

過去の路線編集

きときとライナー 金沢・富山‐東京線編集

 
「きときとライナー」としては初導入となる三菱エアロエース・3列シート車。
※:全席指定制のため乗車には予約が必要。

ドルフィンライナー編集

  • 正規の高速バス路線であるきときとライナーと異なり、ツアーバスとして運行された。「新高速バス制度」施行に伴い、2013年7月に高速ツアーバスとしての運行を終了。8月8日より、先述の高速乗合バス「きときとライナー」東京線として運行を再開した。専用車として導入されたハイグレード車「ドルフィンライナー雅」はエルム観光バスに転籍した。
  • 金沢駅西口 - 砺波駅南口 - 高岡駅南口 - 高岡バスターミナル - 富山駅北口 - (北陸自動車道) - 滑川インター口 - (北陸自動車道 - 上信越自動車道 - 関越自動車道) - 新宿駅西口 - 東京駅八重洲中央口
  • 運行本数 - 往路は金沢発毎週火・金曜、復路は東京発毎週水・土曜、それぞれ夜行1便ずつ。運行日変更の場合あり
  • 座席 - 2列シート20席(~2012年)・2列シート12席(2012年~2013年7月)・3列独立シート29席(2013年8月~)
※:全席指定制のため乗車には予約が必要。

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集