イルヨ・カイセ(Iljo Keisse、1982年12月21日 - )は、ベルギーヘント出身の自転車競技選手。6日間レースを中心とするトラックレースを主体に活動している。

イルヨ・カイセ
Iljo Keisse
Cycling (road) pictogram.svg
Iljo Keisse - Six jours de Grenoble 2011 (cropped).jpg
Keisse at the 2011 Six Days of Grenoble
個人情報
本名 Iljo Keisse
イルヨ・カイセ
生年月日 (1982-12-21) 1982年12月21日(37歳)
国籍 ベルギーの旗 ベルギー
チーム情報
所属 クイックステップ・フロアーズ
分野 トラックレース & ロードレース
役割 選手
プロ所属チーム
2005–2008
2009
2010–
ショコラード・ジャック
ジョン・サーイ-デシャフト-ヒュンダイ
クイックステップ
オメガファーマ・クイックステップ
エティックス・クイックステップ
クイックステップ・フロアーズ
グランツール最高成績
主要レース勝利
6日間レース 通算16勝
 
獲得メダル
ベルギーの旗 ベルギー
男子 自転車競技
Arc en ciel.svg 世界選手権自転車競技大会
2007 マジョルカ島 ポイントレース
2005 ロサンゼルス マディソン
最終更新日
2017年1月11日

なお、「-ljo」の部分を「リョ」、「Kei-」の部分を「ケイ」と表記し、イリョ・ケイセとする自転車競技Webも少なくない。

経歴編集

プロ転向以前より、マディソンポイントレーススクラッチといった長距離系トラック種目を主体にレースキャリアを積んでおり、2004年より6日間レースに参加。同レースの初優勝は、当時チームメイトであったマシュー・ギルモアと組んだ、2005年フィオレンツオーラ・ダルダであった。

2011年2月7日現在、6日間レースで13勝を挙げ、同レースではトップスターに上り詰めている。内、出身地で行われるヘント6日間レースでは、初参加の2005年に加え、2007年、2008も優勝と抜群の実績を誇る。レース途中打ち切りとなった2006年の大会も途中までトップだった。ギルモアの引退後は、主にドイツロベルト・バルトコとコンビを組んでおり、国別対抗戦となるオリンピック世界自転車選手権、国内選手権では、チームメイトである、ケニー・デケテルと組んでマディソンを戦うケースが多い。

2008年12月9日、ヘント6日間レース最終日に採取されたAサンプルに、ドーピング陽性反応が出たことから、所属チームであるトップスポート・フラーンデレンより、以降のレースの出場停止処分を受けた。その後、Bサンプルでも陽性反応が出たことから、トップスポート・フラーンデレンを解雇された。ドーピング理由は、カチンとマスキング剤によるもの[1]。のちにドーピング使用疑惑の一連の告発は証拠不十分としてベルギー自転車競技連盟によって取り下げられた[2]

2010年クイックステップに移籍。同年7月7日、スポーツ仲裁裁判所(CAS)は、2011年8月6日までの出場停止処分を下した[3]。その後、CASの裁定に不服としてブリュッセル裁判所に異議申し立てを行い、またUCIの解釈では、ベルギー国内における係争事項であり、国際法の適用にはあたらないとして、同年のヘント6日間レース及び2011年のロッテルダム6日間レースに出場した[4]

6日間レース優勝実績編集

勝目 開催地 パートナー
1 2005 フィオレンツオーラ・ダルダ   マシュー・ギルモア
2 2005 グルノーブル   マシュー・ギルモア
3 2005 ヘント   マシュー・ギルモア
4 2006 ハセルト   マシュー・ギルモア
5 2007 ロッテルダム   ロベルト・バルトコ
6 2007 アムステルダム   ロベルト・バルトコ
7 2007 ヘント   ロベルト・バルトコ
8 2008 ブレーメン   ロベルト・バルトコ
9 2008 シュトゥットガルト   ロベルト・バルトコ、  ライフ・ランパター
10 2008 ミュンヘン   ロベルト・バルトコ
11 2008 ヘント   ロベルト・バルトコ
12 2010 ロッテルダム   ダニー・スタム
13 2010 ヘント   ペーター・スヘプ
14 2011 グルノーブル   モルガン・クネスキ
15 2011 チューリッヒ   フランコ・マルブリ
16 2012 コペンハーゲン   マーク・ヘスター

注記編集

  1. ^ http://blog.goo.ne.jp/kumataro2004/e/5364e5afdab17525417804dc5522986f
  2. ^ “Keisse doping charges dismissed | Cyclingnews.com” (英語). Cyclingnews.com. (2009年11月2日). http://www.cyclingnews.com/news/keisse-doping-charges-dismissed/ 
  3. ^ CAS suspends Keisse for two years for 2008 doping - cyclingnews.com 2010年7月7日付記事(英語)
  4. ^ UCI spells out its case against Keisse - cyclingnews.com 2011年1月7日付記事(英語)

外部リンク編集