インウッド-207丁目駅

ニューヨーク市地下鉄IND8番街線の北側の終着駅

インウッド-207丁目駅(インウッド-207ちょうめえき、: Inwood–207th Street)は、ニューヨーク市地下鉄IND8番街線の北側の終着駅である。インウッド・ヒル・パーク近くのマンハッタン近郊の207丁目とブロードウェイの交差点に位置し、A系統が終日停車する。

インウッド-207丁目駅
Inwood–207 Street
NYCS-bull-trans-A.svg
ニューヨーク市地下鉄
207 Street 2 vc.jpg
ホーム南側
駅情報
住所 West 207th Street & Broadway
New York, NY 10034
マンハッタン区
地区 インウッド
座標 北緯40度52分04秒 西経73度55分16秒 / 北緯40.867672度 西経73.921165度 / 40.867672; -73.921165座標: 北緯40度52分04秒 西経73度55分16秒 / 北緯40.867672度 西経73.921165度 / 40.867672; -73.921165
ディビジョン BディビジョンIND
路線 IND8番街線
運行系統    A Stops all times (終日)
接続 バスによる輸送 ニューヨーク市バス: Bx7, Bx12, Bx12 SBS, Bx20
バスによる輸送 MTAバス: BxM1
構造 地下駅
ホーム数 島式ホーム 1面
線路数 2線
その他の情報
開業日 1932年9月10日 (90年前) (1932-09-10)[1]
バリアフリー設備 バリアフリー・アクセス
旧駅名/名称 ワシントンハイツ-207丁目駅
Washington Heights–207th Street
利用状況
乗客数 (2016)2,904,915[2]減少 5.3%
順位 178位(422駅中)
次の停車駅
北側の隣駅 終点: A Stops all times
南側の隣駅 ダイクマン・ストリート駅: A Stops all times


北側の隣駅 バリアフリー・アクセス 終点: A Stops all times
南側の隣駅 バリアフリー・アクセス 175丁目駅: A Stops all times
停車案内表
マーク 説明
Stops all times 終日停車

歴史編集

配線図
   
   
     
   
   
   
   
   
 
 
 
 

この駅は1932年9月10日に「ワシントンハイツ-207丁目駅」としてチェンバーズ・ストリート駅およびハドソン・ターミナル駅を南端駅とするIND8番街線の北端駅として開業した[1][3][4]

駅構造編集

G 地上階 出入口
M 改札階 改札口、駅員室、メトロカード自動販売機
  (ブロードウェイ-207丁目交差点の南西角にエレベータあり)
P
ホーム階
4番線   ファー・ロッカウェイ駅レファーツ・ブールバード駅行きダイクマン・ストリート駅
島式ホーム、到着番線に応じた側の扉が開く。
3番線   ファー・ロッカウェイ駅レファーツ・ブールバード駅行きダイクマン・ストリート駅
 
駅構内への階段

駅にはA3番線とA4番線と呼称される線路の間に島式ホームがあり、線路は駅の北側の車止めで終わる。駅の南側にはシーサスクロッシングがありここで上下線の列車を振り分け、そのまま南へ進むと207丁目車両基地への線路が分岐する。そしてそこからまた南へ進むと次のダイクマン・ストリート駅へ到着する[4]。この駅はバリアフリー化のためエレベーターの設置を行う改装をした。中二階と通りを結ぶエレベーターのシャフトには「At the Start...At Long Last」と名付けられたアートワークが描かれている[4]。駅は南端にある運転指令所により管理されており、駅南のシーサスクロッシング部分は207丁目車両基地のCTCにより制御されている[4]

出口編集

  •   当駅の主要な出口はブロードウェイと207丁目の交差点にある出口で、エレベーターは北西に、北東・南西・南東へは階段が伸びている[5]
  • もう一つの出口は駅北側にあり、ブロードウェイとアイシャム・ストリートの交差点北西とブロードウェイとアイシャム・ストリート、西211丁目との交差点北東に階段が伸びている[5]

出典編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集