イングランドサッカー殿堂

イングランドサッカー殿堂English Football Hall of Fame)は、イングランドサッカーにおいて顕著な活躍が認められた選手および指導者を表彰する殿堂。殿堂はイングランドプレストン国立サッカー博物館National Football Museum)館内にある。30歳以上で、イングランドにおいて5年以上プレイした選手、監督を務めた指導者が対象。

2002年の受賞者編集

選手


女性の受賞者

監督

2003年の受賞者編集

選手

女性の受賞者

監督

2004年の受賞者編集

選手

女性の受賞者

監督

2005年の受賞者編集

選手

女性の受賞者

監督

2006年の受賞者編集

選手

女性の受賞者

監督

2007年の受賞者編集

選手

Football Foundation Community Champion

女性の受賞者

特別枠 - サッカーの親善大使

監督

2008年の受賞者編集

2008年の授賞式は、9月18日に、ロンドンのミレニアム・メイフェア・ホテル(Millennium Mayfair Hotel)で行われる。この賞の授賞式が首都で行われるのは初めてのことである。

選手

女性の受賞者

監督


この賞の重要性の認識を高めることを意図して、博物館は、2008年に欧州文化都市に選出されたリヴァプールで上記のものに加えて、10月8日に、もう一つの式典を行うことを計画している。選考委員会は、これまでのイングランドのフットボール史で最も実績を残した選手と監督を、ヨーロッパで行われている国際大会での実績に基づいて、熟慮の末に選出した。

選手

監督

2009年の受賞者編集

選手

女性の受賞者

Football Foundation Community Champion

FA Football for All Award

監督

チーム

2010年の受賞者編集

選手

女性の受賞者

Football Foundation Community Champion

FA Football for All Award

監督

チーム

特別生前功労賞

2011年の受賞者編集

マンチェスターへの博物館移転に伴い、2011年と2012年には正式な式典は行われなかったが、2011年に2つの特別式典が開催された。1月には、2008年の最初の式典に出席できなかったティエリ・アンリの、翌2月にはUEFAチャンピオンズカップ 1981-82優勝時のアストン・ヴィラFCの式典がそれぞれ執り行われた。

2013年の受賞者編集

選手

2003年の式典を欠席したピーター・シュマイケルも出席した

女性の受賞者

FA Football for All Award

審判

特別賞

出典[1]

2014年の受賞者編集

選手

2004年の式典を欠席したアラン・シアラーも出席した

女性の受賞者

FA Football for All Award

チーム

特別賞

出典 [2]

2015年の受賞者編集

選手

2005年の式典を欠席したライアン・ギグスも出席した

女性の受賞者

FA Football for All Award

  •   ガリー・デービス

特別賞-英国中国サッカー大使-

出典 [3]

2016年の受賞者編集

選手

女性の受賞者

FA Football for All Award

チーム

特別賞

出典 [4]

2017年の受賞者編集

選手

女性の受賞者

FA Football for All Award

  •   アリステア・パトリック=ヘセルトン

ジャーナリスト

出典 [5]

脚注編集

  1. ^ Hall of Fame Inductees 2013 Announced, National Football Museum, May 2012 - Archived copy”. 2013年6月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年7月3日閲覧。
  2. ^ Archived copy”. 2014年4月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年4月24日閲覧。
  3. ^ National Football Museum Hall Of Fame 2015 Inductees Announced”. 2016年3月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月5日閲覧。
  4. ^ HALL OF FAME INDUCTEES ANNOUNCED
  5. ^ [1]

外部リンク編集