メインメニューを開く

イングリア戦争(イングリアせんそう、スウェーデン語: Ingermanländska kriget)、またはロシア・スウェーデン戦争(ロシア・スウェーデンせんそう、ロシア語: Русско-шведская война)は、1610年から1617年まで戦われたスウェーデン帝国ロシア・ツァーリ国の戦争。ロシアの動乱時代の一部とされることもある[1]。主にスウェーデン王子をロシアのツァーリに就かせる試みとして記憶された。戦争はストルボヴァの和約でスウェーデンが広大な領地を獲得する結果となり、スウェーデンの大国時代英語版の礎となった[2]

イングリア戦争
Slaget vid Novgorod 1611 (Johan Hammer) - Nationalmuseum - 35876.tif
1611年のノヴゴロドの戦いロシア語版
戦争ロシア大動乱
年月日:1610年 - 1617年3月9日(グレゴリオ暦
場所ロシア・ツァーリ国
結果:スウェーデンの勝利、ストルボヴァの和約の締結
交戦勢力
ロシア ロシア・ツァーリ国 スウェーデン スウェーデン帝国
指導者・指揮官
ロシア ヴァシーリー・ペトロヴィチ・モロゾフロシア語版
ロシア フョードル・ブトゥルリン
スウェーデン グスタフ2世アドルフ
スウェーデン ヤコブ・デ・ラ・ガーディエ英語版
Template:Campaignbox イングリア戦争

背景編集

ロシアの動乱時代の最中、ツァーリのヴァシーリー4世モスクワトゥシノ英語版を本拠地とする偽ドミトリー2世に包囲され、ポーランドによる介入にも悩まされた。そのため、ヴァシーリー4世は同じくポーランドと戦っていたスウェーデン王カール9世と同盟を締結、コレラ要塞英語版の割譲を代償に対偽ドミトリー2世とポーランドの軍事援助を求めた[3]。これにより、ヤコブ・デ・ラ・ガーディエ英語版率いるスウェーデン軍はミハイル・スコピン=シュイスキー率いるロシア軍と合流してノヴゴロドからモスクワに進軍してヴァシーリー4世を救援した。

スウェーデンの介入はポーランド王ジグムント3世にロシアへの宣戦布告の口実を与えた。ポーランド軍はクルシノの戦いでロシアとスウェーデンの連合軍をほとんど撃滅、デ・ラ・ガーディエ戦役に参加したスウェーデン傭兵は降伏した。これをみたボヤールたちはヴァシーリー4世を廃位、ポーランド軍がクレムリンを占領した。

経過編集

1611年、ヤコブ・デ・ラ・ガーディエ英語版率いる遠征軍がノヴゴロドを占領ロシア語版した。ノヴゴロドの住民たちはスウェーデン王カール9世に息子の1人(カール・フィリップグスタフ・アドルフ)をロシアの君主にするよう求めた[4]

同年10月にグスタフ・アドルフがグスタフ2世アドルフとしてスウェーデン王に即位したため、彼はカール・フィリップのツァーリ位への請求を推し進み、1612年のモスクワの戦い英語版でポーランド軍がモスクワから追い出され、ミハイル・ロマノフがツァーリに選出された後もそれを取り下げなかった[3]

スウェーデンの政治家は北のアルハンゲリスクや東のヴォログダにわたる、バルト海の向こう側まで伸びる国の建設を夢見ていた一方、ノヴゴロドやイングリアを占領していたデ・ラ・ガーディエ率いるスウェーデン軍はデ・ラ・ガーディエ戦役の報酬をもらえなかったことへの反動としてみていた。

1613年、スウェーデン軍はチフヴィンを包囲英語版したが占領できず、ロシア軍もノヴゴロドの奪回に失敗した[4]。以降はロシア軍がスウェーデン軍との会戦を回避した[4]。スウェーデン軍は1614年にグドフ包囲戦英語版に勝利、翌1615年にもプスコフを包囲英語版したが占領できず[4]、ロシア軍のヴァシーリー・ペトロヴィチ・モロゾフロシア語版とフョードル・ブトゥルリン(Фёдор Бутурлин)は1617年3月9日(グレゴリオ暦[5]ストルボヴァの和約が締結されるまで耐え抜いた。和約ではロシアがスウェーデンにイングリアとカレリアを割譲することが定められた[4]

戦争の結果、ロシアはバルト海への出口を約1世紀の間失った[3]。これにより、アルハンゲリスクは西欧との貿易を維持する役割があったために重要性が高まった。

脚注編集

  1. ^ The Cambridge history of Russia. Perrie, Maureen, 1946-, Lieven, D. C. B., Suny, Ronald Grigor.. Cambridge: Cambridge University Press. (2006). ISBN 9780521812276. OCLC 77011698. https://www.worldcat.org/oclc/77011698. 
  2. ^ Ringbom, Nina. “Ingermanländska kriget”. historiesajten.se. 2018年11月1日閲覧。
  3. ^ a b c Željko., Fajfrić, (2008). Ruski carevi (1. izd ed.). Sremska Mitrovica: Tabernakl. ISBN 9788685269172. OCLC 620935678. https://www.worldcat.org/oclc/620935678. 
  4. ^ a b c d e Русско-шведские войны” (ロシア語). ブロックハウス・エフロン百科事典: 全86巻(本編82巻と追加4巻). サンクトペテルブルク. (1890-1907). 
  5. ^ Velikai︠a︡ russkai︠a︡ smuta : prichiny vozniknovenii︠a︡ i vykhod iz gosudarstvennogo krizisa v XVI-XVII vv.. Strizhova, I. M., Стрижова, И. М.. Moskva: Dar. (2007). ISBN 9785485001230. OCLC 230750976. https://www.worldcat.org/oclc/230750976. 

関連図書編集

  • Göransson, Göte (1994) Gustav II Adolf och hans folk. Höganäs: Bra böcker ISBN 91-7119-128-3