インディアン・デスロック

インディアン・デスロック(Indian Deathlock)は、プロレス技の一種である。ダニー・リトルベアチーフ・ジェイ・ストロンボーなど、インディアンギミックプロレスラーが得意技とした[1][2]。別名フロント・インディアン・デスロック

概要編集

仰向けに倒れた相手の両脚が胡坐をかいた様なダブル・レッグ・ロック状態にして[3]、その間に自分の脚を差し込み、相手の前に来ている脚に自分の脚を引っ掛けて固める技。基本的に掛け手は相手と向かい合って膝立ちになる場合が多いが、後方に倒れ込むことでダメージを倍増することができる。

インディアンが実際に使っていた拷問技が原型とされる[要出典]。一方、書籍『ザ・ストロングスタイル』はインディアンの格闘技の技から取り入れた、としている。インディアンの拷問技が発祥という説があるのは足4の字固めだ、としている[4]

派生技として、リバース・インディアン・デスロックがある。こちらは、名前の通り相手をひっくり返した状態で掛けるインディアン・デスロックである。アントニオ猪木の十八番技であったため、技の認知度としてはこちらの方が高く、通常型のインディアン・デスロックは便宜上、「フロント・インディアン・デスロック」と呼ばれる場合がある。また、書籍『ザ・ストロングスタイル』は足4の字固めはこの技の変形という説がある、としている[4]

エピソード編集

脚注編集

  1. ^ Danny Little Bear”. Wrestlingdata.com. 2015年5月3日閲覧。
  2. ^ Chief Jay Strongbow”. Cagematch.net. 2015年5月3日閲覧。
  3. ^ 山本小鉄『ザ・ストロングスタイル』タッチダウン、日本(原著1982年9月10日)、82頁。
  4. ^ a b 山本小鉄『ザ・ストロングスタイル』タッチダウン、日本(原著1982年9月10日)、60-61頁。

関連項目編集