メインメニューを開く

インディアン水車

千歳川のインディアン水車

インディアン水車(インディアンすいしゃ)は川を遡上するを捕獲するための設備。

水車の籠に鮭が入ると、水力により回転し水揚げされる仕組み。北海道庁初代水産課長・伊藤一隆により日本に伝えられる。北海道千歳市内を流れる千歳川に設置されているものが有名で、国内ではほぼ唯一水力のみでの稼働が可能。なお、サケのふるさと 千歳水族館(詳細はリンク先を参照)は、このインディアン水車を基に作られた、観光客等の見学向けの施設である。

発祥は北アメリカ。但しインディアンの名を冠しているものの、ネイティブアメリカンが発明したものではないらしい。なお、捕獲と言っても川を遡上する鮭は身に脂が無く、卵も固くて食用には適さないことから、ほぼ繁殖事業が目的である。