メインメニューを開く

インディペンデンス級航空母艦

アメリカ海軍の軽空母の艦級
インディペンデンス級航空母艦
「インディペンデンス」(1943年)
艦級概観
艦種 航空母艦(軽空母)
艦名 過去の武勲艦、アメリカに関する戦い(古戦場)等
建造期間 1942年 - 1943年
就役期間 1943年 - 1956年
次級 サイパン級
性能諸元
排水量 11,000トン
全長 190m
艦幅 21.8m(水線)
全幅 33.3m
吃水 7.9m
機関 蒸気タービン、100,000馬力
4軸推進
最大速力 31.6ノット
航続距離 13,000海里(24,000 km)/15ノット(28 km/h)
乗員 士官、兵員1,569名
兵装 12.7cm単装両用砲 2基
(装備した艦は40mm機関砲に換装)
ボフォース 40mm機関砲 26門
エリコン 20mm機関砲 22門
搭載機 33 - 45機

インディペンデンス級航空母艦(Independence class aircraft carrier)は、アメリカ海軍航空母艦の艦級。

概要編集

 
「ラングレー」(1944年12月)
 
正規空母と並んで停泊する「サン・ジャシント」。本級の小ささが分かる(1945年9月)

インディペンデンス級軽空母は建造途中のクリーブランド級軽巡洋艦の船体を流用した軽空母で、巡洋艦時代の軽敏な速力と十分な排水量を備えている。このクラスの特徴としては、船体が巡洋艦の設計として完成されていたため、巡洋艦時代に甲板となるはずであった装甲の上に取り付けるようにして飛行甲板格納庫が設置されていることである。

同級の開発は、フランクリン・D・ルーズベルト大統領の海軍建艦計画への関心から始まった。戦争が予想された1941年8月にルーズベルトは、1944年まで新しい航空母艦が建造されないことを知らされ、当時建造途中だった多数の巡洋艦の一部を空母に変更するよう主張した[1]。しかし海軍は巡洋艦サイズの航空母艦に関するそれまでの研究から、この種の艦には重大な限界があるとし、当初は大統領の提案に難色を示した[2]。しかしながら1941年12月の真珠湾攻撃後の危機でアメリカ海軍には多くの航空母艦を配備する緊急の必要が生じた。海軍は正規空母エセックス級の建造を加速すると同時に、1942年1月にはクリーブランド級軽巡洋艦1隻を航空母艦に改装するよう命じた。

改装のための設計を行なってみると、意外にうまくいきそうであることがわかった。1942年2月にはさらに2隻の軽巡洋艦が空母改装を命じられ、3月には3隻、そして6月にも3隻が発注された。

本級は改装も含め全艦がニュージャージー州カムデンニューヨーク造船所で建造された。1943年の1月から11月の間にインディペンデンス級9隻が揃い、エセックス級とともに太平洋における攻撃部隊の主力となり、第二次世界大戦の勝利に大きく貢献した。特に本級のうち8隻が参加した1944年6月のマリアナ沖海戦では、艦上戦闘機の40%および艦上雷撃機の36%を供給し日本海軍の航空勢力を撃退した(ネームシップの「インディペンデンス」のみ、1943年11月のギルバート諸島沖航空戦で被雷したため不参加だった)。

同級の設計は比較的短く狭い飛行甲板および格納庫、右舷側に張り出して設置された小さな艦橋(護衛空母のものとほぼ同サイズ)を特色とした。トップヘビーを軽減するため船体にはバルジが設けられ、中央部で5フィート拡幅された。搭載機数は約30機で、当初は艦上戦闘機、艦上爆撃機、艦上雷撃機各9機の編成であったが、後には戦闘機約24機、雷撃機9機に変わっていった。格納庫は密閉式で、艦載機を積載するには飛行甲板にいったん乗せるしかなく、そのための大型クレーンが艦橋前に設けられた[3]

本級は短期間での戦力化を主眼としており、能力には限界があった。設計方針が正規空母よりもむしろ護衛空母に近かったにもかかわらず正規空母と同様に運用されたため、各種の弊害が生じることとなった[4]。まず船体が小さいため凌波性に問題があり、コブラ台風等では大波に翻弄され船体および艦載機にダメージが及んだ。また、飛行甲板が狭いため艦載機の事故率もやや高かった。装甲も妥協され、弾薬を格納庫等の防護不十分な箇所に保管していたことは1944年10月の「プリンストン」喪失の要因となってしまった[5][6]。魚雷に対する水線下の防御も不足していた[7]

ただし軽巡譲りのスマートな船体と高出力の機関により速力に優れ、そのために高速空母機動部隊の一翼を担うことができた。

第二次世界大戦後編集

 
「デダロ(元カボット)」(1988年)

「インディペンデンス」は原爆実験に供与され、残りの艦は1947年に退役した。5隻が1948年から53年までに再就役し、2隻(「ベロー・ウッド」「ラングレー」)がフランス海軍に供与された。2隻は訓練空母となり、「バターン」は海兵隊航空団を乗せ朝鮮戦争に参加した。

「バターン」「カボット」の両艦は1950年代初頭に対潜作戦近代化の改修が行われた。両艦ともオリジナルの設計が四本の煙突だったものを二本へと改修された。フランス海軍に供与された艦を除き全てが1954年から56年までに退役し、1959年に航空機運搬艦に再分類された。

フランス海軍に供与された「ベロー・ウッド」「ラングレー」はそれぞれ空母「ボア・ベロー」「ラファイエット」としてインドシナ戦争スエズ動乱アルジェリア戦争などに参加した。

カボット」はスペイン海軍の空母デダロとして1967年に再就役し、1989年に退役してアメリカに変換された。その後、艦を保存しようという運動があったものの進展せず、1999年にスクラップ作業が始まり船体部分は2002年に姿を消した。残った艦橋部分についても保存運動が起こったものの頓挫し、結局は取り壊されてしまった[8]。その後ペンサコーラ国立海軍航空博物館がカボットの艦橋のレプリカを製作し、展示している。

同型艦編集

 
1944年撮影、艦名不詳[9]
Independence class light aircraft carrier[10]
艦名 起工(軽巡洋艦として) 進水 就役 その後
インディペンデンス
USS Independence,CVL-22
1941年5月1日「アムステルダム
(USS Amsterdam,CL-59)」
1942年8月22日 1943年1月14日 1946年8月28日退役、核実験の標的となる
プリンストン[I]
USS Princeton,CVL-23
1941年6月2日「タラハシー
(USS Tallahassee,CL-61)」
1942年10月18日 1943年2月25日 1944年10月24日戦没(レイテ沖海戦)
ベロー・ウッド
USS Beleau Wood,CVL-24
1941年8月11日「ニュー・ヘヴン
(USS New Haven,CL-76)」
1942年12月6日 1943年3月31日 フランス空母「ボア・ベロー」となる
カウペンス
USS Cowpens,CVL-25
1941年11月17日「ハンティントン
(USS Hunttington,CL-77)」
1943年1月17日 1943年5月28日 1947年1月13日退役
モンテレー
USS Monterey,CVL-26
1941年12月29日「デイトン
(USS Dayton,CL-78)」
1943年2月28日 1943年6月17日 1947年2月11日退役、その後再就役
ラングレー[II](旧クラウンポイント)
USS Langley,CVL-27
1942年4月11日「ファーゴ
(USS Fargo,CL-85)」
1943年5月22日 1943年8月31日 フランス空母「ラファイエット」となる
カボット
USS Cabot,CVL-28
1942年3月16日「ウィルミントン
(USS Wilmington,CL-79)」
1943年4月4日 1943年7月24日 スペイン空母「デダロ」となる
バターン
USS Bataan,CVL-29
1942年8月31日「バッファロー
(USS Buffalo,CL-99)」
1943年8月1日 1943年11月17日 1947年2月11日退役、その後再就役
サン・ジャシント(旧レプライザル)
USS San Jacinto, CVL-30
1942年10月26日「ニューアーク
(USS Newark,CL-100)」
1943年9月26日 1943年11月15日 1947年3月1日退役


関連項目編集

脚注編集

  1. ^ Friedman 1983, p.177
  2. ^ Friedman 1983, p.181
  3. ^ Friedman 1983, p.183
  4. ^ Friedman 1983, p.183
  5. ^ Friedman 1983, p.193
  6. ^ War Damage Report 1947, p. 2
  7. ^ Friedman 1983, p.189
  8. ^ USS CABOT LAST DAY STANDING”. YouTube. 2019年11月4日閲覧。
  9. ^ 「プリンストン」「カウペンス」「サン・ジャシント」のいずれかとみられるU.S. Navy Ships in WWII Dazzle Camouflage 1944-1945 Aircraft Carriers Fleet Carriers
  10. ^ The Carriers The List Official Website of the United States Navy Light Aircraft Carriers - CVL navysite.de NavSource Aircraft Carriers navsource.org

参考文献編集

  • Friedman, Norman (1983). U.S. Aircraft Carriers: An Illustrated Design History. Annapolis, MD: Naval Institute Press. ISBN 0-87021-739-9. 
  • USS Princeton CVL-23 War Damage Report No. 62” (英語). Naval History and Heritage Command. 2019年10月24日閲覧。
  • U.S. Navy Ships in WWII Dazzle Camouflage 1944-1945 Aircraft Carriers Fleet Carriers第二次世界大戦中にインディペンデンス級に施された迷彩塗装が確認できる。