インディペンデンス (沿海域戦闘艦)

インディペンデンスUSS Independence, LCS-2)は、アメリカ海軍沿海域戦闘艦(LCS)。その名を持つ艦としては6隻目。

インディペンデンス
US Navy 100116-N-8273J-025 The new littoral combat ship, USS Independence (LCS 2) is pier side during her commissioning ceremony.jpg
基本情報
建造所 オースタルUSA
運用者  アメリカ海軍
級名 インディペンデンス級
建造費 $78,798,188(フライト0、契約額)
艦歴
発注 2005年10月14日
起工 2006年1月19日
進水 2008年4月29日
就役 2010年1月16日
退役 2021年3月31日
その後 退役後、予備役編入中
要目
軽荷排水量 2,307トン[1]
満載排水量 3,104トン[1]
全長 127.4 m[1]
最大幅 31.7 m[1]
吃水 4.3 m[1]
機関 CODAG方式
主機MTU 20V8000 M90
 ディーゼルエンジン×2基
LM2500ガスタービンエンジン×2基
推進ウォータージェット推進器×4軸
アジマススラスター×1基
出力 83,406馬力
速力 40ノット[2]
航続距離 3,500海里 (18kt巡航時)[1]
乗員 中核乗員40名
兵装Mk.110 57mm単装速射砲×1基
seaRAM近SAM 11連装発射機×1基
搭載機 MH-60R/Sヘリコプター×2機
FCS サファイア 電子光学式
C4ISTAR ICMS戦術情報処理装置
レーダーシージラフAMB 3次元式
・航法用×1基
ソナー 2087型曳航ソナー搭載可能
電子戦
対抗手段
・電波探知妨害装置
Mk.137 6連装デコイ発射機×4基
テンプレートを表示

沿海域戦闘艦のプロトタイプの1隻であり、ジェネラル・ダイナミクスによって設計されたインディペンデンス級沿海域戦闘艦ネームシップである。
2009年12月18日に海軍に引き渡され、2010年1月16日に就役。その後2021年3月31日に退役となった[3]

参考文献編集

  1. ^ a b c d e f Eric Wertheim (2013). The Naval Institute Guide to Combat Fleets of the World, 16th Edition. Naval Institute Press. pp. 857-859. ISBN 978-1591149545 
  2. ^ Stephen Saunders, ed (2009). Jane's Fighting Ships 2009-2010. Janes Information Group. p. 932. ISBN 978-0710628886 
  3. ^ FISCAL YEAR 2021 PROJECTED SHIP INACTIVATION SCHEDULE” (英語). www.navy.mil. 2021年4月11日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集