メインメニューを開く

インディ・ライツ (Indy Lights) は、アメリカ合衆国で行われるオープンホイール・レースのカテゴリー。インディカーの直下に位置する。

インディ・ライツ
カテゴリ オープンホイール
国・地域 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
開始年 2002年
ドライバー 28
チーム 17[1]
コンストラクター ダラーラ
ドライバーズ
チャンピオン
アメリカ合衆国の旗 J.R.ヒルデブランド
チーム
チャンピオン
アメリカ合衆国の旗 AGR-AFSレーシング
公式サイト www.FirestoneIndyLights.com
Motorsport current event.svg 現在のシーズン
2008年のマイアミでテストを行うインディ・ライツマシン

1986年から1990年までCARTの運営によりアメリカン・レーシング・シリーズ (American Racing Series) として開催され、1991年から2001年まではインディ・ライツ・シリーズ (Firestone/Dayton Indy Lights) として開催された。IRLの運営による現在のシリーズは2002年から始まり、2007年までインフィニティ・プロ・シリーズ/インディ・プロ・シリーズ (Infiniti/Indy Pro Series) 、2008年からはファイアストン・インディ・ライツ・シリーズ (Firestone Indy Lights Series) として開催されている。

起源編集

1970年代を通じてアメリカ合衆国自動車クラブ(USAC)がトップカテゴリであるインディカー・レースの統括組織であったが、下位カテゴリの進化の様相は変化していった。1960年代初めのアメリカにおけるオープンホイール・レースはフロントエンジン・リアドライブ(FR)のロードスターで争われていた。主流の下位カテゴリーにはスプリントカーレースおよびミジェットカーレースが含まれていた。1970年代に入ると車両はミッドエンジンフォーミュラカーで争われるようになり、同様に支流であった下位カテゴリもフォーミュラカーを使用するように変化していった。

スポーツカークラブ・オブ・アメリカ(SCCA)のスーパー・ヴィーおよびフォーミュラ・アトランティックが下位カテゴリとして初めにフォーミュラカーを使用するようになったシリーズであった。しかしながら、いずれもUSACの上位カテゴリに直接繋がるものではなかった。1977年、USACはスーパー・ヴィー・マシンを用いて「ミニ・インディ」シリーズを始める。このシリーズはUSACがインディアナポリス・モーター・スピードウェイ以外のインディカー・レースの認可を止めた1980年をもって終了した。

「ミニ・インディ」シリーズの終了に続いて、1980年代初めのCARTおよびインディ500を目指すドライバーたちはスーパー・ヴィー、フォーミュラ・アトランティック、SCCA、カンナム、スプリントカー、ミジェットカー、ストックカーと、組織化されていないシリーズに参戦することとなった。

CART運営時代編集

5年以上公式の下位カテゴリーが存在しない時代が続いた後、CARTが下位カテゴリーの創設を目指した。インディ・ライツ・シリーズがオープンホイールカーによるインディカーの下位カテゴリーとして1986年から2001年まで開催された。シリーズは1986年にアメリカン・レーシング・シリーズとして設立され、1991年にインディ・ライツに改名された。CARTが認可した本シリーズは広く人気を得るようになり、ファイアストン(シリーズの公式タイヤサプライヤー)がシリーズのタイトルスポンサーとなり、後には子会社のデイトンタイヤがタイトルスポンサーとなった。

インディ・ライツの開催スケジュールはインディアナポリスを除いてCARTシリーズのすぐ後に続いた。


現在のシリーズ編集

歴代チャンピオン編集

シーズン ドライバー チーム シャシー エンジン
CART アメリカン・レーシング・シリーズ
1986   ファブリツィオ・バルバッツァ アルシエロ・レーシング マーチ ビュイック
1987   ディディアー・セイス トゥルースポーツ マーチ ビュイック
1988   ジョン・ビークヒュイス エンタープライズ・レーシング マーチ ビュイック
1989   マイク・グロフ リーディングエッジ・モータースポーツ マーチ ビュイック
1990   ポール・トレーシー ランドフォード・レーシング マーチ ビュイック
CART インディ・ライツ・シリーズ
1991   エリック・バシェラール ランドフォード・レーシング マーチ ビュイック
1992   ロビー・ブール リーディングエッジ・モータースポーツ マーチ ビュイック
1993   ブライアン・ハータ タスマン・モータースポーツ ローラ ビュイック
1994   スティーヴ・ロバートソン タスマン・モータースポーツ ローラ ビュイック
1995   グレッグ・ムーア フォーサイス・レーシング ローラ ビュイック
1996   デヴィッド・エンプリングハム フォーサイス・レーシング ローラ ビュイック
1997   トニー・カナーン タスマン・モータースポーツ ローラ ビュイック
1998   クリスチアーノ・ダ・マッタ タスマン・モータースポーツ ローラ ビュイック
1999   オリオール・セルビア ドリコット・レーシング ローラ ビュイック
2000   スコット・ディクソン パックウェスト・ライツ ローラ ビュイック
2001   タウンゼント・ベル ドリコット・レーシング ローラ ビュイック
IRL インフィニティ・プロ・シリーズ
2002   A.J.フォイト4世 A.J.フォイト・エンタープライズ ダラーラ インフィニティ
2003   マーク・テイラー パンサー・レーシング ダラーラ インフィニティ
2004   チアゴ・メディロス サム・シュミット・モータースポーツ ダラーラ インフィニティ
2005   ウェイド・カニンガム ブライアン・スチュワート・レーシング ダラーラ インフィニティ
IRL インディ・プロ・シリーズ
2006   ジェイ・ハワード サム・シュミット・モータースポーツ ダラーラ 日産
2007   アレックス・ロイド サム・シュミット・モータースポーツ ダラーラ 日産
IRL ファイアストン・インディ・ライツ
2008   ラファエル・マトス AGR-AFSレーシング ダラーラ 日産
2009   J.R.ヒルデブランド AGR-AFSレーシング ダラーラ 日産
2010   ジャン・カール・ベルネイ サム・シュミット・モータースポーツ ダラーラ 日産
ファイアストン・インディ・ライツ
2011   ジョセフ・ニューガーデン サム・シュミット・モータースポーツ ダラーラ 日産
2012   トリスタン・ボーティエ サム・シュミット・モータースポーツ ダラーラ 日産
2013   セイジ・カラム シュミット・ピーターソン・モータースポーツ ダラーラ 日産
インディ・ライツ・プレゼンテッド・バイ・クーパー・タイヤ
2014   ギャビー・チャベス ベラルディ・オート・レーシング ダラーラ 日産
2015   スペンサー・ピゴット フンコス・レーシング ダラーラ マツダ
2016   エド・ジョーンズ カーリン ダラーラ マツダ
2017   カイル・カイザー フンコス・レーシング ダラーラ マツダ
2018   パトリシオ・オワード アンドレッティ・オートスポーツ ダラーラ マツダ

ドライバー編集

現在のドライバー編集

以下は2010年のインディ・ライツ・シーズンに参戦するドライバー:

インディカー・シリーズ昇格ドライバー編集

a インディカー・シリーズでの優勝経験者
b インディカー・シリーズチャンピオン
c インディ500の優勝経験者

その他の著名ドライバー編集

関連項目編集

参照編集

  1. ^ Taken from the official 2007 entry list at http://www.indycar.com/indylights/drivers

外部リンク編集