ギターポップ(日本名)とは音楽ジャンルのひとつ。アコースティックギターもしくは歪みの少ないエレキギターを中心に奏でられる洗練されたロックという意味合いが強い。日本国外ではIndie pop(インディー・ポップ)[注釈 1]として知られ、アメリカではtwee pop(トゥイー・ポップ)又はtwee music(トゥイー・ミュージック)として知られる。

ギターポップ
現地名 Indie pop
様式的起源
文化的起源
派生ジャンル
サブジャンル
ローカルシーン
ダニーデン・サウンド英語版
関連項目

概要編集

もともとは、英国のインディーズシーンから発生したポストパンクに位置する音楽ジャンルである。特にスコットランドグラスゴーは後述するアズテックカメラザ・パステルズなど80年代から良質なギターポップバンドが数多くおり、90年代にティーンエイジ・ファンクラブベル・アンド・セバスチャンなどによって注目を集め、現在に至るまでギターポップシーンやパワーポップシーンの代名詞として捉えられる。 日本国内ではネオアコースティックと並記で「ネオアコ/ギターポップ」と総称されることが多い。

日本国外ではアズテックカメラ、オレンジジュースがこのジャンルの代表的存在である。日本国内ではフリッパーズ・ギターがこうした海外インディーズの音楽を取り入れ紹介した事でこのジャンルの先駆けとして著名であり、その活動は1990年代前半に流布した「渋谷系」にも通ずる。それにつづくブリッジカジヒデキも同じく日本国内のギターポップの代表的存在となっている。

主なアーティスト編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 日本国外において「Guitar pop」は、ポップ・ロック英語: Guitar pop rock)のことを指す[8][9]

出典編集

  1. ^ a b Abebe, Nitsuh (2005年10月24日). “Twee as Fuck: The Story of Indie Pop”. Pitchfork Media. 2011年2月3日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年12月11日閲覧。
  2. ^ Dolan, Emily. “…This little ukulele tells the truth': indie pop and kitsch authenticity.”. Popular Music (Cambridge University Press). doi:10.1017/s0261143010000437. JSTOR 40926945. 
  3. ^ 10 Canadian jangle and indie pop bands that will improve your day”. Aux (2014年4月14日). 2015年5月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年12月11日閲覧。
  4. ^ a b The Best Indie-Pop of 2013”. PopMatters (2013年12月5日). 2020年12月11日閲覧。
  5. ^ Washed Out: Within and Without”. The Week (2011年7月22日). 2020年12月11日閲覧。
  6. ^ Reynolds 2011, p. 168.
  7. ^ a b Indie Pop - オールミュージック. 2020年12月11日閲覧。
  8. ^ Plemenitas, Katja (2014). “The Complexity of Lyrics in Indie Music: The Example of Mumford & Sons”. Words and Music. Cambridge Scholars Publishing. p. 79. ISBN 978-1-4438-6438-1. https://books.google.com/books?id=E9UxBwAAQBAJ&pg=PA79 
  9. ^ Kamp, David; Daly, Steven (2005). The Rock Snob's Dictionary: An Essential Lexicon Of Rockological Knowledge. Broadway Books. p. 54. ISBN 978-0-7679-1873-2. https://archive.org/details/rocksnobsdiction00kamp 
  10. ^ Donelson, Marcy. Snail Mail | Biography & History - オールミュージック. 2020年12月28日閲覧。
  11. ^ Donelson, Marcy. Clairo | Biography & History - オールミュージック. 2020年12月28日閲覧。

参考文献編集