メインメニューを開く

インドラヴァルマン2世

インドラヴァルマン2世クメール語: ឥន្ទ្រវរ្ម័នទី២, ラテン文字転写: Indravarman II, 生年不詳 - 1243年[1])は、クメール王朝君主(在位:1220年[2] - 1243年[3])。

インドラヴァルマン2世
ឥន្ទ្រវរ្ម័នទី២
クメール王朝君主
在位 1220年頃 - 1243年
出生 不詳
死去 1243年
王朝 アンコール朝
父親 ジャヤーヴァルマン7世
母親 インドラデーヴィー
宗教 上座部仏教
テンプレートを表示

生涯編集

ジャヤーヴァルマン7世の子。1220年頃、父王が死去したために跡を継いだが、先王の代に浪費された財政が祟り[4]1220年[5]には1190年以来支配下に置いていたチャンパ王国[2]に、更には1238年[6]タイ族スコータイ王朝にそれぞれ独立を許した[7]ため、クメールの領土は縮小し、勢力が大きく衰退したと言われていた[2][4]

一方で、2000年代に行われた発掘調査[8]結果および、1296年にアンコールを訪れた[2]周達観中国語版による『真臘風土記中国語版』などから、インドラヴァルマン2世の治下においてもクメールはそれなりに繁栄していた[9]とも、インドラヴァルマン2世自身も実力と行動力を持っていたとも考えられている[10]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ Cœdès,P180
  2. ^ a b c d 歴史”. DTACカンボジア観光情報局. 2013年4月21日閲覧。
  3. ^ 石澤 2002, p. 25
  4. ^ a b 石澤 2002, p. 12
  5. ^ Cœdès,P171
  6. ^ スコータイ — 日本アセアンセンター”. 2017年9月29日閲覧。
  7. ^ 石澤 2002, p. 13
  8. ^ 石澤 2002, p. 4
  9. ^ 石澤 2002, pp. 12-14
  10. ^ 石澤 2002, p. 13

参考文献編集

先代:
ジャヤーヴァルマン7世
クメール王朝君主
1220年頃 - 1243年
次代:
ジャヤーヴァルマン8世