インドラ・クマール・グジュラール

インドラ・クマール・グジュラール英語: Inder Kumar Gujralヒンディー語: इन्द्र कुमार गुजराल1919年12月4日 - 2012年11月30日)は、インド政治家ラージヤ・サバー議員、駐ソ連インド大使、インド首相(第12代)などを歴任した。

インドラ・クマール・グジュラール
Inder Kumar Gujral
Inder Kumar Gujral 071.jpg
1997年撮影
生年月日 1919年12月4日
出生地 イギリス領インド帝国の旗 イギリス領インド帝国
パンジャーブ州ジェラム
没年月日 (2012-11-30) 2012年11月30日(92歳没)
死没地 インドの旗 インド
ハリヤーナー州グルグラム
所属政党 ジャナタ・ダル

インドの旗 第12代首相
在任期間 1997年4月21日 - 1998年3月19日
大統領 コチェリル・ラーマン・ナラヤナン

インドの旗 財務大臣
在任期間 1997年4月21日 - 1997年5月1日

在任期間 1989年12月5日 - 1990年11月10日
テンプレートを表示

経歴編集

イギリス統治下のパンジャーブ州ジェラム(現在のパキスタン領内)で生まれる。10代のころからインドの独立運動に積極的に参加し、1942年にはクイット・インディア運動英語版の学生指導者として投獄されている[1]。また学生時代にはインド共産党のメンバーでもあった[2]

インドとパキスタン分離独立した際に、ラホールからデリーへと移り住んだ。デリーの地方政治に携わるようになり、1958年にはニューデリー市議会の副議長に就任している。その後、インド国民会議へと入党し1964年にラージヤ・サバー議員となる [3]インディラ・ガンディー政権では情報放送大臣などの閣僚ポストを経験したのちに、駐ソ連インド大使を務めた。

1980年代の半ばにインド国民会議から離党し、ジャナタ・ダルに参加した[4]1989年の総選挙ではインド国民会議が敗北し、ヴィシュワナート・プラタープ・シン英語版を首班としたジャナタ・ダル政権が発足した。同選挙でグジュラール自身もパンジャーブ州の選挙区で当選を果たし、外相として入閣した。

首相編集

1997年4月21日に首相に就任[5]

脚注編集

公職
先代:
デーヴェー・ガウダ
  首相
1997年 - 1998年
次代:
アタル・ビハーリー・ヴァージペーイー