インドラ・ラージャ・ラクシュミー・デビー

インドラ・ラージャ・ラクシュミー・デビー(Indra Rajya Lakshmi Devi, 1924年7月25日 - 1950年9月4日)は、ネパール王国の第9代君主マヘンドラ・ビール・ビクラム・シャハの王太子時代の妃。

インドラ・ラージャ・ラクシュミー・デビー
Indra Rajya Lakshmi Devi
ネパール王太子妃
Crown Princess Indra of Nepal.png

出生 1924年7月25日
カトマンズ
死去 1950年9月4日
カトマンズナラヤンヒティ宮殿
配偶者 マヘンドラ・ビール・ビクラム・シャハ
子女 ビレンドラ
ギャネンドラ
ディレンドラ
シャンティ
シャラダ
ショバ
父親 ハリ・シャムシェル・ジャンガ・バハドゥル・ラナ
宗教 ヒンドゥー教
テンプレートを表示

生涯編集

1924年7月25日ラナ家の一員ハリ・シャムシェル・ジャンガ・バハドゥル・ラナの娘として、カトマンズで生まれた[1]

1940年5月8日、ネパール王太子マヘンドラ・ビール・ビクラム・シャハとカトマンズのナラヤンヒティ宮殿で結婚した[1]

1950年9月4日、マヘンドラに先立って、ナラヤンヒティ宮殿で死亡した[1]。その2年後、妹のラトナ・ラージャ・ラクシュミー・デビーがマヘンドラに嫁いだ。

出典・脚注編集

関連項目編集