インド亜大陸

インド亜大陸(インドあたいりく)は、インド半島ともいい、南アジアインドバングラデシュパキスタンネパールブータンなどの国々を含む亜大陸半島。かつては独立したインド大陸であった。

インド亜大陸
インド亜大陸の地形
面積 440万 km2
人口 約17億人(2003年)
テンプレートを表示

「インド亜大陸」という語はしばしば「南アジア」と同義に使われる。

インド大陸・大陸移動編集

 
インド亜大陸と北辺のヒマラヤ山脈は、インドプレートユーラシアプレートの衝突の結果である(濃いピンク色の部分が現代のインド亜大陸)。

アルフレート・ヴェーゲナー大陸移動説プレートテクトニクスによると、パンゲア大陸から分離・移動して、ユーラシア大陸に衝突し、そのためにヒマラヤ山脈が隆起したとされる。現在もインド亜大陸は北上し続けている。

マダガスカル島との動植物の類似から、一時はレムリア大陸説が唱えられたが、現在はパンゲア大陸内でマダガスカル島と同じ地域にあったという説が有力。

地理・気候編集

気候は雨季乾季を持ち、雨季には世界で最も多く雨の降る地域となる。

関連項目編集