インパクト出版会

インパクト出版会は、1979年昭和54年)創業出版社

インパクト出版会
正式名称 株式会社インパクト出版会
現況 2020年令和2年)現在事業継続中
種類 株式会社
出版者記号 7554
取次会社 トーハン
日販
大阪屋栗田
取次コード 0376
法人番号 2010001000772 ウィキデータを編集
設立日 1979年昭和54年)7月
代表者 深田 卓
本社郵便番号 113-0033
本社所在地 東京都文京区本郷2丁目5番11号
服部ビル2階
資本金 1000万円
主要出版物 インパクション
外部リンク http://impact-shuppankai.com/
テンプレートを表示

出版物編集

定期刊行物編集

書籍(部分)編集

  • 天皇制」シリーズ(4巻)
    • メディアとしての天皇制
    • マスコミじかけの天皇制
    • 恋愛結婚じかけの天皇制
    • 日の丸君が代」じかけの天皇制
  • 『生と芸術の実験室スクウォット』(2011年(平成23年)  金江 著、金友子 訳)
  • 『年報・死刑廃止2011 震災と死刑 ─生命を見つめなおす』(2011年(平成23年))
  • 『検証・新ガイドライン安保体制』(1998年(平成10年) 纐纈厚
  • 『有事法制とは何か――その史的検証と現段階』(2002年(平成14年) 纐纈厚)
  • 『逗子は燃えた、そして 池子住民訴訟ノート』(1990年(平成2年) 江刺昭子
  • 『死刑の[昭和]史』(1992年(平成4年) 池田浩士
  • 『火野葦平論―[海外進出文学]論・第1部』(2000年(平成12年) 池田浩士)
  • 『路上に自由を 監視カメラ徹底批判』(2003年(平成15年) 小倉利丸
  • 『多様性の全体主義・民主主義の残酷 9・11以降のナショナリズム』(2005年(平成17年) 小倉利丸)
  • 『抵抗の主体とその思想』(2010年(平成22年) 小倉利丸)
  • 『監視社会とプライバシー』(2001年(平成13年) 小倉利丸)
  • 冤罪をつくる検察、それを支える裁判所 そして冤罪はなくならない』(2010年(平成22年) 里見繁
  • 『インパクション173号 - 大学は誰のものか?』(2010年(平成22年) 齋藤郁真
  • 『「源氏物語」と戦争 戦時下の教育と古典文学』(2002年(平成14年) 有働裕
  • 『鶴見事件」抹殺された真実―私は冤罪で死刑判決を受けた』(2011年(平成23年) 高橋 和利
  • 『ママは殺人犯じゃない―冤罪・東住吉事件』( 2017年(平成29年) 青木惠子里見繁)

外部リンク編集