メインメニューを開く

インファント島(インファントとう)は、映画『モスラ』などに登場する架空の島。太平洋上の南洋諸島に存在するという島で、怪獣モスラが生息するという点で共通する。

目次

登場作品編集

公開順。

  1. モスラ(1961年)
  2. モスラ対ゴジラ(1964年)
  3. 三大怪獣 地球最大の決戦(1964年)
  4. ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘(1967年)
  5. ゴジラvsモスラ(1992年)
  6. モスラ(1996年)
  7. モスラ2 海底の大決戦(1997年)
  8. モスラ3 キングギドラ来襲(1998年)
  9. ゴジラ FINAL WARS(2004年)

概要編集

昭和の作品のインファント島は「ロリシカ国」の統治下で長い間無人島と思われており、水爆核実験場になっていたが、実際には住民が住んでいた。発見のきっかけは、嵐による難破でロリシカの水爆実験海域に入り込んでしまった日本の商船員たちに、放射能障害が見られなかったことである。商船員たちの話によると、島民に飲まされた赤いジュースのおかげだという。それがきっかけで調査隊が派遣され、小美人や島民が発見された。島には吸血植物が生えており(『モスラ』)、島に生えている赤いカビをすりつぶすことで、放射能から身を守る赤いジュースを作っている。

モスラ対ゴジラ』では緑が極端に減少し、小美人が「聖なる泉」と呼ぶ場所にだけ残っているに過ぎない。これは、ロリシカ国が核実験を続けたためで、海岸には動物の白骨が散乱し、島民は赤いジュースを全身に塗って行動しなければならないほど、環境が悪化している。当然、島民は「悪魔の火」(=水爆)を憎んでおり、島外から来る者に敵意を持っている。

三大怪獣 地球最大の決戦』ではテレビ中継が行われるなど、日本では有名な存在になっており、「平和の島」と呼ばれている。また、同作ではキングギドラ襲来の際に日本からモスラを召喚し、インファント島から幼虫が富士山麓に到着している。

ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘』では島の自然が回復しており、もはや別の島のようになっている。同作の主な舞台であるレッチ島とは距離が近く、島民がレッチ島に基地を持つ赤イ竹の軍隊に拉致されていたが、この情報を知ったモスラ成虫が救出に飛び立った。

世界観を一新した『ゴジラvsモスラ』ではインドネシア諸島にあるという設定で、全島が日本の「丸友観光」の所有地になっており、同社のリゾート地開発と隕石によって引き起こされた異常気象の影響で、島の森林が大きく荒れてしまっている。島内には遺跡があり、モスラとバトラらしき壁画が描かれている。

また世界観が別になる平成モスラシリーズでは島の種族エリアス以外の住人は存在せず、彼らに不似合いなほどの祭壇などの大きさから、過去に島民が存在していたことを暗示するにとどまっている。また、宝物殿なども存在し、作中で重要な役割を示す「エリアスのトライアングル」のメダルなどが納められている。正確な位置は不明だが、幼虫は一晩で北海道へ到着している。なお、『ゴジラ FINAL WARS』でも正確な位置は不明。

島民編集

昭和の作品のみ登場。少なくとも族長や一部の島民が日本語を解するが(小美人はテレパシーで会話し、日本語を会得した)、戦前日本の委任統治領だったのかは不明。モスラを守護神として崇めており、伝承や神話を独自の文字で石碑に残している。歌や舞踊を好むが、生殖の舞いなど呪術的な儀式としても歌舞を行う。

基本的に争いを好まない。『モスラ』では調査隊やネルソン一行に対して太鼓や石を叩いて威嚇したが、総じて無抵抗であり、ネルソン一行がマシンガンを乱射しても一方的に虐殺されるがままであった他、『モスラ対ゴジラ』では核実験に怒ってよそ者を嫌っていたものの訪ねて来た主人公一行に放射能に耐性をつける赤いジュースを出してくれたりはしている。『ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘』では秘密結社「赤イ竹」によってレッチ島に拉致され、エビラよけの液体を強制的に作らされていた。

劇中設定における人口の推移は不明だが、画面に出てくる島民はモブを含め後の作品になるほど少人数になっていく。

平成モスラシリーズではインファント島の存在について語られることはないが、モスラの神殿を建造したのは、かつて存在した島民であるとされている。

モスラの故郷の宣言編集

1996年12月の『モスラ』公開に合わせ、沖縄県八重山郡竹富町が町おこしのために東宝日本旅行とタイアップし、同年11月16日には竹富町長により「モスラの故郷は竹富町の島である」との宣言が行われた。また、同日には小浜島で試写会も開催されている[1][2]。ただし、この映画におけるインファント島のロケが竹富町で行われたわけではない。

なお、1997年12月公開の『モスラ2 海底の大決戦』では、石垣島や竹富町内の竹富島でロケが行われている[3]。ただし、モスラの故郷あるいはインファント島としてのロケではない。

脚注編集

  1. ^ 「モスラ」の故郷を宣言 竹富町 - 琉球新報、1996年11月19日
  2. ^ 沖縄タイムス、1996年11月2日
  3. ^ 映画「モスラ2」撮影始まる - 琉球新報、1997年6月28日