イヴァン・アレクサンドロヴィチ (リャザン公)

イヴァン・アレクサンドロヴィチロシア語: Иван Александрович生没年不明)は、歴代リャザン大公のうちの一人である。その在位期間は兄弟[1]のヤロスラフ(ru)の死後(1343年)から、同じく兄弟[2]ヴァシリーが公位に就いた年(不詳)までの間であった。また同時に、1344年から1351年にはプロンスク公でもあった。

イヴァン・アレクサンドロヴィチ
Иван Александрович
リャザン大公
プロンスク公
在位 リャザン大公:1343年 - ?
プロンスク公:1344年 - 1351年

子女 オレグ
家名 リューリク家
父親 リャザン公アレクサンドル / プロンスク公アレクサンドル
テンプレートを表示
リャザンの市章

一説によれば、リャザン公ヤロスラフ(上記のヤロスラフとは別人)の子のアレクサンドルの子であるとされる[1]。また別の説では、プロンスク公ミハイル(ru)の子のアレクサンドルの子であるとされる[2]

[1]のオレグ(ru)はリャザン大公(在位:1349年 - 1402年)としてジョチ・ウルスから独立した人物であり、リャザンの市章はオレグをモチーフとしている。

出典編集

  1. ^ a b c Происхождение князя Олега Ивановича Рязанского
  2. ^ a b Л.Войтович КНЯЗІВСЬКІ ДИНАСТІЇ СХІДНОЇ ЄВРОПИ