メインメニューを開く

イヴェコ LMV(Iveco LMV:Light Multirole Vehicle)は、イタリア商用車製造会社であるイヴェコが開発した軽装輪装甲車である。

イヴェコ LMV
LOV IVECO konv. rušič.JPG
基礎データ
全長 5.50m
全幅 2.05m
全高 1.95m
重量 6.5tSTANAG 4569 レベル3装甲搭載時)
乗員数 1+3-6名
装甲・武装
装甲 STANAG 4569 レベル3[1]
主武装 プロテクター RWS
機動力
速度 130km/h
エンジン イヴェコ F1D Common Rail EURO 3
185ps
懸架・駆動 6速オートマチック
行動距離 500km
テンプレートを表示

概要編集

イヴェコ社がイタリア軍装甲車トライアルに対して開発したのがこのLMVである。車体自体が専用設計であり、NATO装甲規格であるSTANAG 4569のレベル1 - 4までを付与する事ができ、車体下がV字型の構造となっており、即席爆発装置の攻撃にも耐えられる設計となっている。

エンジンには過給機が使用されているが、熱探知装置による探知を低減するために、エンジンの下部に装備されている。また、エンジンからの排気は、A ピラー内の排気ダクトを通して排出する設計となっている。また、パンクしても走行可能なランフラットタイヤを装備している。

Light Multirole Vehicleの名前の通り、戦闘装甲車両としての役割の他、救急車通信車などの用途にも使用する事ができる他、車体が小型のため、CH-47 チヌークEH101と言った、軍用大型輸送ヘリコプターにも搭載できるため、展開も容易である。

なお、イタリア軍の他にも9ヶ国が採用しており、イギリス軍では、FV432AT105 サクソンランドローバーおよびCVR(T)を置き換える目的で、パンサー CLVとして独自改造して採用している。この車両は、BAEシステムズが開発を担当し、既存のLMVよりさらに強化された装甲を採用するなど、安全性の向上が図られている。現在、こちらはイギリス陸軍の第1機械化歩兵旅団に配備されており、アフガニスタンで活躍している。

海外の性能類似車両との比較
 軽装甲機動車  LMV  VBL  イーグル  エノク  コブラ  GAZ-2330  M1151
画像                
全長 4.4m 5.50m 3.87m 5.37m 4.82m 5.23m 5.70m 4.93m
全幅 2.04m 2.05m 2.02m 2.16m 1.90m 2.22m 2.30m 2.31m
全高 1.85m 1.95m 1.70m 2.0m 1.90m 2.1m 2.3m 1.99m
重量 約4.5t 約6.5t 約3.59t 約8.5t 約5.4t 約6.2t 約7.6t 約6.1t
最高速度 100km/h 130km/h 95km/h 110km/h 96km/h 115km/h 160km/h 113km/h
乗員数 1+3-4名 1+3-6名 2-3名 1+4名 2-6名 1+8名 2+10名 1+3-4名

採用国編集

脚注編集

  1. ^ Multi-Role Light Vehicle (MLV/FCLV)”. 2014年12月24日閲覧。

関連項目編集