イヴリン・アインスタイン

イヴリン・アインスタイン(Evelyn Einstein、1941年3月28日 - 2011年4月13日)は、アルベルト・アインシュタインの息子のハンス・アルベルト・アインシュタインの養女である[1][2]

イヴリン・アインスタイン
原語名Evelyn Einstein
生誕 (1941-03-28) 1941年3月28日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 イリノイ州シカゴ
死没2011年4月13日(2011-04-13)(70歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州オールバニ英語版
国籍アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
教育カリフォルニア大学バークレー校
職業動物管理官英語版カルト脱洗脳者英語版予備警察官英語版
配偶者
グローヴァー・クランツ英語版 (m. 1964⁠–⁠1977)
ハンス・アルベルト・アインシュタイン (養父)
フリーダ・アインシュタイン(養母)
公式サイトhttp://evelyneinstein1.wordpress.com/

生涯編集

イヴリンはシカゴで生まれ、生後すぐにハンス・アルベルト・アインシュタインの養子となった。彼女自身は晩年、アルベルト・アインシュタインとバレエダンサーとの間に生まれた隠し子であると主張するようになったが、それを裏付ける資料は存在しない[3]

カリフォルニア大学バークレー校で文学の修士号を取得した。

1964年から1977年までの13年間、自然人類学者のグローヴァー・クランツ英語版と結婚していた。その後動物管理官英語版カルト脱洗脳者英語版バークレー予備警察官英語版として短期間働いていた[1]

1960年、18歳の大学生だったイヴリンは、サンフランシスコで行われた下院非米活動委員会への平和的抗議活動に参加し、逮捕された[4]。逮捕された数十人の中で、名前が判明しているのはイヴリンのみである[5]

離婚後、貧乏になり[3]、ホームレスになって、車の中で寝泊まりし、3か月間ゴミ漁りをして食べ物を探していたと述べている[6]。1990年代半ばから2011年に亡くなるまで、カリフォルニア州オールバニ英語版タウンハウスに住んでいた[7]

イヴリンはCNNに対し、祖父アルベルト・アインシュタインの肖像権から得られる年間数百万ドルの収益を、自分は一切受け取っていないと訴えた。その利益は全てヘブライ大学に寄付されている。アルベルト・アインシュタインは75,000点以上の論文などの著作権やその他の所有する財産をヘブライ大学に遺贈したが、イヴリンは「首振り人形と文学的財産との間に何の関係があるのしょうか? 私には、彼らがここまでひどい扱いを遺族に対してするとは信じられません」と問いかけた[8]。1996年、アルベルト・アインシュタインとミレヴァの間で交わされた手紙のコレクションを管理する管財人を提訴したが、和解した。和解内容は公表されていない[3]

1994年のBBC制作のドキュメンタリー映画『アインシュタインの脳』中で、イヴリンが日本のアインシュタイン研究家杉元賢治のインタビューを受けている。

著作物編集

  • Marfe Ferguson Delanoとの共著: Genius: A Photobiography of Albert Einstein. National Geographic Children's Books, 2005, ISBN 0-7922-9544-7.
  • Dear Professor Einstein: Albert Einstein's Letters to and from Children.(序文) Prometheus Books英語版, 2002. ISBN 978-1591020158

脚注編集

  1. ^ a b Berkeley Historical Plaque Project – Einstein, Evelyn – Famed Physicist's Granddaughter”. berkeleyplaques.org. 2019年8月7日閲覧。
  2. ^ Short life history: Hans Albert Einstein”. www.einstein-website.de. 2019年8月7日閲覧。
  3. ^ a b c Douglas Martin (2011年4月18日). “Evelyn Einstein Dies at 70; Shaped by a Link to Fame”. New York Times. 2021年4月28日閲覧。
  4. ^ Evelyn Einstein Dies at 70; Shaped by a Link to Fame
  5. ^ Black Friday NotInKansas.us
  6. ^ Evelyn Einstein Died in Squalor, Despite Grandfather's Riches By Susan Donaldson James, April 20, 2011, ABC World News
  7. ^ Martin, Douglas (2011年4月19日). “Evelyn Einstein Dies at 70; Shaped by a Link to Fame (Published 2011)” (英語). The New York Times. ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/2011/04/19/us/19einstein.html 2021年1月18日閲覧。 
  8. ^ Granddaughter wants share of Einstein estate profits By Adam Reiss, CNN

外部リンク編集