イヴリン・ヴェナブル

イヴリン・ヴェナブルEvelyn Venable, 1913年10月18日 - 1993年11月15日)は、アメリカ合衆国女優声優オハイオ州シンシナティ出身。夫は撮影監督のハル・モーア。祖父は作家・教師のウィリアム・ヘンリー・ヴェナブル。

イヴリン・ヴェナブル
Evelyn Venable
生年月日 (1913-10-18) 1913年10月18日
没年月日 (1993-11-15) 1993年11月15日(80歳没)
出生地 オハイオ州シンシナティ
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
配偶者 ハル・モーア
テンプレートを表示

経歴編集

シンシナティ大学卒業。1932年に映画デビュー。声優としては『ピノキオ』のブルー・フェアリーが有名。1943年に女優を引退。1993年11月15日に癌のため、アイダホ州コー・ダリーンで死去。

映画産業への貢献により、ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームのVine Street1500番地に星が刻まれた[1]

主な出演作品編集

  • Get It (1943年)
  • He Hired the Boss (1940年)
  • Lucky Cisco Kid (1940年)
  • ピノキオ Pinocchio (1940年)
  • The Headleys at Home (1939年)
  • Heritage of the Desert (1938年)
  • Hollywood Stadium Mystery (1938年)
  • Female Fugitive (1938年)
  • The Frontiersman (1938年)
  • My Old Kentucky Home (1937年)
  • 世紀の逃亡者 Racketeers in Exile (1937年)
  • North of Nome (1937年)
  • Happy-Go-Lucky (1936年)
  • Star for a Night (1935年)
  • 乙女よ嘆くな Alice Adams (1935年)
  • 小聯隊長 The Little Colonel (1935年)
  • The County Chairman (1935年)
  • Streamline Express (1935年)
  • Harmony Lane (1935年)
  • Vagabond Lady (1934年)
  • キャベツ畑のおばさん Mrs. Wiggs of the Cabbage Patch (1934年)
  • 明日なき抱擁 Death Takes a Holiday (1934年)
  • Double Door (1934年)
  • David Harum (1933年)
  • ゆりかごの唄 Cradle Song (1933年)

脚注編集

  1. ^ Venable, Evelyn. “Hollywood Walk of Fame Directory”. 2007年10月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年12月1日閲覧。

外部リンク編集