メインメニューを開く

イヴ・サンマルタンYves Saint-Martin1941年9月8日 - )は、フランスロット=エ=ガロンヌ県アジャン生まれの元騎手競馬平地競走において15度のリーディングジョッキーに輝いた経験を持ち、フランス競馬史上でも類いまれな実績を誇る。

人物編集

1958年7月26日に初勝利を挙げると、以後例年のごとく活躍を繰り広げ、1960年に初のフランスリーディングジョッキーとなった。その後1962年から1969年まで8年連続でふたたびリーディングの座に就き、少し間が空くも1973年から1976年までふたたびその座を独占、また1981年と1983年にもリーディングを獲得した。

現役中に得た勝利数はフランス国内で3275勝、国外での競走も含めると3314勝にのぼる。フランス競馬の最高峰競走である凱旋門賞での優勝経験も4度あり、これは歴代2位タイ[1]の記録である。このほかでもジョッケクルブ賞(フランスダービー)で9勝するなど、グループ1競走全体においてのフランス最多勝記録も保持している。

フランス国外での競走における著名な勝鞍に、1962年に行われたワシントンD.C.インターナショナルがある。サンマルタンはマッチに騎乗して出走し、当時の最強馬ケルソやアメリカ二冠馬キャリーバックらの強豪を相手に優勝を手にしている。

引退後、サンマルタンはヴィンテージカーのコレクションに熱中した。その所有物にはマセラティフォード・マスタングロールス・ロイスアストンマーティンといったブランドのクラシックモデルが多くある。

家族として、妻にスージー・ヴォルテラ、息子にエリック・サンマルタンがおり、エリックもまたフランスや香港で騎手として活動している。

おもな騎乗馬編集

(騎乗時のおもな勝鞍)

おもな勝鞍編集

  • アスタルテ賞 (5) - Breloque (1960), Tamoure (1965), Cover Girl (1966), Gay Style (1974), Carolina Moon (1976) 
  • アベイ・ド・ロンシャン賞 (5) - Fortino (1962), Texanita (1963), Silver Shark (1965), Farhana (1966), Lianga (1975)
  • イスパーン賞 (7) - La Sega (1962), Jour et Nuit (1964), Silver Shark (1966), Zeddaan (1968), La Troublerie (1973), Allez France (1974), Crystal Glitters (1983)
  • ヴェルメイユ賞 (7) - Golden Girl (1963), Casaque Grise (1967), Saraca (1969), Allez France (1973), Paulista (1974), Sharaya (1983), Darara (1986)
  • オペラ賞 - Sea Sands (1975), Waya (1977), Kilmona (1981)
  • 凱旋門賞 (4) - Sassafras (1970), Allez France (1974), Akiyda (1982), Sagace (1984)
  • カドラン賞 (5) - Waldmeister (1965), Danseur (1967), Recupere (1974), Buckskin (1977, 1978)
  • ガネー賞 (6) - Relko (1964), Taj Dewan (1968), Rheingold (1973), Allez France (1974, 1975), Sagace (1985)
  • グランクリテリウム(ジャン・リュック・ラガルデール賞) (2) - Mariacci (1974), Danishkada (1986)
  • クリテリウムドサンクルー (6) - Fine Crest (1967), Rheffic (1970), Ribecourt (1973), Tarek (1977), Darshaan (1983), Mouktar (1984)
  • サラマンドル賞 - Noblequest (1984)
  • サンクルー大賞典 (7) - Relko (1964), Rheingold (1972, 1973), Dahlia (1974), Shakapour (1980), Akarad (1981), Strawberry Road (1985)
  • サンタラリ賞 (6) - Solitude (1961), La Sega (1962), Tonnera (1966), Saraca (1969), Madelia (1977), Grise Mine (1984)
  • ジャックルマロワ賞 (3) - Dictus (1971), Lianga (1975), Flying Water (1977)
  • ジャンプラ賞 (6) - Jour et Nuit (1964), Silver Shark (1966), Antipode (1974), Earth Spirit (1976), Melyno (1982), Ginger Brink (1983)
  • ジョッケクルブ賞 (9) - Reliance (1965), Nelcius (1966), Tapalque (1968), Sassafras (1970), Acamas (1978), Top Ville (1979), Darshaan (1984), Mouktar (1985), Natroun (1987)
  • ディアヌ賞 (5) - La Sega (1962), Rescousse (1972), Allez France (1973), Pawneese (1976), Madelia (1977)
  • パリ大賞典 (4) - Reliance (1965), Danseur (1966), Exceller (1976), Sumayr (1985)
  • フォレ賞 (2) - Faraway Son (1971), African Sky (1973)
  • プール・デッセ・デ・プーラン (5) - Adamastor(1962), Relko (1963), Zeddaan (1968), Melyno (1982), No Pass No Sale (1985)
  • プール・デッセ・デ・プーリッシュ (7) - Solitude (1961), La Sega (1962), Pola Bella (1968), Koblenza (1969), Allez France (1973), Mad?lia (1977), Masarika (1984)
  • マルセルブサック賞 (3) - Allez France (1972), Theia (1975), Aryenne (1979)
  • ムーラン・ド・ロンシャン賞 - Silver Shark (1966), Pola Bella (1968), Faraway Son (1971), Gravelines (1976)
  • モルニ賞 - Solitude (1960), Amber Rama (1969), Broadway Dancer (1974)
  • モーリスドゲスト賞 - Irish Minstrel (1970), Flying Water (1977)
  • リュパン賞 - Acamas (1978), Top Ville (1979)
  • ロベールパパン賞 (5) - Zeddaan (1967), Amber Rama (1969), Lianga (1973), Masarika (1983), Balbonella (1986)
  • ロワイヤルオーク賞 (4) - Relko (1963), Reliance (1965), Sassafras (1970), Denel (1982)

国外の主な勝鞍編集

サンマルタンが制したフランス国外の競走も数多く、その中にはイギリスクラシック競走5競走、アメリカのブリーダーズカップなども含まれる。

イギリス編集

  • 1000ギニー (2) - Altesse Royale (1971), Flying Water (1976)
  • 2000ギニー (1) - Nonoalco (1974)
  • オークス (2) - Monade (1962), Pawneese (1976)
  • キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス (2) - Match (1962), Pawneese (1976)
  • コロネーションカップ (2) - Dicta Drake (1962), Relko (1964)
  • ジュライカップ (1) - Lianga (1975)
  • セントレジャー (1) - Crow (1976)
  • ダービー (1) - Relko (1963)
  • チャンピオンステークス (3) - Flying Water (1977), Vayrann (1981), Palace Music (1984)

アイルランド編集

  • アイリッシュダービー (1) - English Prince (1974)

ドイツ編集

アメリカ合衆国編集

日本編集

1977年に外国騎手招待に騎乗するため来日し、京都競馬場京阪杯でマーブルペンタスに騎乗。福永洋一騎乗のシルバーランドを追い詰めたが、2着に敗れている。1987年ワールドスーパージョッキーズシリーズ出場のため日本へ渡り、12月5日阪神競馬場の第8競走(サラ系4歳以上400万円以下)で中央競馬初勝利を挙げた。

脚注編集

  1. ^ サンマルタン以外にはジャック・ドワイヤベール (1942, 1944, 1950-1951) 、フレディ・ヘッド (1966, 1972, 1976, 1979) 、パット・エデリー (1980, 1985-1987)、オリビエ・ペリエ (1996-1998,2012)の4人がいる。

参考文献編集

  • Saint-Martin, Yves & Francois, Jean-Michel. Au galop (1986) Broche ISBN 978-2221043684
  • Best in the World - 1962年11月23日 『タイム』誌による、イヴ・サンマルタンと1962年度ワシントンD.C.インターナショナルに関する記事(英語)
  • 日本中央競馬会『優駿』 1988年1月号