メインメニューを開く

イーグルス・ファースト

イーグルスのアルバム

イーグルス・ファースト』 (Eagles)は、アメリカロックバンドイーグルスのファースト・アルバム。『ローリング・ストーン誌が選ぶオールタイム・ベストアルバム500』において、368位にランクインしている[1]

イーグルス・ファースト
イーグルススタジオ・アルバム
リリース
録音 ロンドンオリンピック・スタジオ
ロサンゼルス、ウォーリー・ハイダー・スタジオ(A5)
(1972年2月)
ジャンル カントリーロックロック
時間
レーベル アサイラム・レコード
日本の旗東芝音工(オリジナル盤)
ワーナー・パイオニア→イーストウエスト・ジャパン→ワーナーミュージック・ジャパン(リイシュー盤)
プロデュース グリン・ジョンズ
チャート最高順位
イーグルス アルバム 年表
イーグルス・ファースト
(1972年)
ならず者
(1973年)
テンプレートを表示

概要編集

1971年、リンダ・ロンシュタットのアルバム『Linda Ronstadt』(1972年1月発売)のレコーディング・メンバー、彼女のツアー・バンドとして集められたミュージシャン達はバンドを結成し、「イーグルス」と名乗った。バンドはデヴィッド・ゲフィンアサイラム・レコードと契約し、グリン・ジョンズグレン・フライによってプロデューサーに選ばれた。レコーディングは1972年2月、ロンドンのオリンピック・スタジオで2週間かけて行われた[2]。ただし「ナイチンゲールの歌」のみロサンゼルスのウォーリー・ハイダー・スタジオで再録音された。

先にシングルとして発売されたグレン・フライジャクソン・ブラウンの共作の「テイク・イット・イージー」がヒットした。アルバムは1972年6月1日に発売された。

ジャケットの写真撮影はヘンリー・ディルツ。アート・ディレクションはゲイリー・バーデン[3]

収録曲目編集

Side 1
  1. テイク・イット・イージー - Take It Easy - 3:34
    作詞作曲:ジャクソン・ブラウングレン・フライ
    リード・ボーカル:グレン・フライ
  2. 魔女のささやき - Witchy Woman - 4:10
    作詞作曲:ドン・ヘンリーバーニー・レドン
    リード・ボーカル:ドン・ヘンリー
  3. チャグ・オール・ナイト - Chug All Night - 3:18
    作詞作曲:グレン・フライ
    リード・ボーカル:グレン・フライ
  4. 哀しみの我等 - Most of Us Are Sad - 3:38
    作詞作曲:グレン・フライ
    リード・ボーカル:ランディ・マイズナー
  5. ナイチンゲールの歌 - Nightingale - 4:08
    作詞作曲:ジャクソン・ブラウン
    リード・ボーカル:ドン・ヘンリー
Side 2
  1. 今朝発つ列車 - Train Leaves Here This Morning - 4:13
    作詞作曲:ジーン・クラーク、バーニー・レドン
    リード・ボーカル:バーニー・レドン
  2. テイク・ザ・デヴィル - Take the Devil - 4:04
    作詞作曲:ランディ・マイズナー
    リード・ボーカル:ランディ・マイズナー
  3. 早起き鳥 - Earlybird - 3:03
    作詞作曲:バーニー・レドン、ランディ・マイズナー
    リード・ボーカル:バーニー・レドン
  4. ピースフル・イージー・フィーリング - Peaceful Easy Feeling - 4:20
    作詞作曲:ジャック・テンプチン
    リード・ボーカル:グレン・フライ
  5. トライイン - Tryin' - 2:54
    作詞作曲:ランディ・マイズナー
    リード・ボーカル:ランディ・マイズナー

脚注編集

  1. ^ 500 Greatest Albums of All Time
  2. ^ Eliot, Marc (2004). To The Limit: The Untold Story of the Eagles. Da Capo Press. pp. 74–75. ISBN 9780306813986. https://books.google.com/books?id=o_EjE6-iyQoC. 
  3. ^ Eagles - Eagles (Vinyl, LP, Album) at Discogs