イーグルス (ジャニーズ)

イーグルスとは、かつてジャニーズ事務所に所属していたアイドルグループである。

目次

メンバー編集

脱退メンバー編集

  • 石川博文 (いしかわ ひろふみ、1969年1月20日 - 、愛称・イシ)
    レコードデビュー直後に脱退。川崎市出身。 ジャニーズJr.時代に、日本テレビ開局30周年記念ミュージカル・ドラマ『夏の王様』(1982年10月6日放送)に、内海、大沢と共にウィズの子どもたち役で出演した。 また、2人いる弟もジャニーズJr.だった為、「石川三兄弟」と呼ばれていた。

概要編集

  • 1982年に石川を除く4人で結成。 グループ名は、「ジャニーズ幼年隊」 → 「ジャニーズ少年隊ジュニア」 → 「少年隊ジュニア」という順番で変化していった。
  • 1982年12月、新たに石川を加えて「イーグルス」に改名し、デビューシングルをレコーディング。
  • 1983年3月25日、ロサンゼルスオリンピックのマスコットキャラクターを主人公とするアニメ「イーグルサム」の主題歌でレコードデビュー。 この時の平均年齢は14.4歳で、キャッチフレーズは「ジャニーズ事務所の秘蔵っ子」。
  • レコードデビュー直後に石川が脱退。イーグルサムEDには石川も登場している。
  • 雑誌『マイアイドル』へは1983年5月号が初登場で、同年7月号からレギュラー掲載となる。
  • レコードデビュー後も、シブがき隊や少年隊のバックダンサーを務め続ける。
  • グループの中で最も人気のあった中村が、1984年4月からNHKレッツゴーヤング』にソロでレギュラー出演するようになった事もあり、翌1985年にグループは自然消滅してしまった。

その後編集

  • 中村は1985年にソロレコードデビュー。
  • 内海と大沢は「光GENJI」として1987年8月19日にレコードデビュー。
  • 宇治はしばらく俳優業を続けていたが引退。

出演作品編集

映画編集

テレビドラマ編集

  • どっきり双子先生・乙女学園男子部シリーズ(1983年 - 1984年、フジテレビ月曜ドラマランド
    • どっきり双子先生・乙女学園男子部1(1983年11月14日)
    • どっきり双子先生・乙女学園男子部2(1983年11月21日)
    • どっきり双子先生・乙女学園男子部3(1983年12月5日)
    • どっきり双子先生・乙女学園男子部4(1984年1月30日)
    • どっきり双子先生・乙女学園男子部5(1984年2月6日)
    • どっきり双子先生・乙女学園男子部6(1984年2月20日)
    • どっきり双子先生・乙女学園男子部7(1984年3月5日)
    • どっきり双子先生・乙女学園男子部8(1984年3月19日)
  • 乙女学園すみれ寮シリーズ(1984年、フジテレビ、月曜ドラマランド)
    • 乙女学園すみれ寮1(1984年4月23日)
    • 乙女学園すみれ寮2(1984年7月2日)
    • 乙女学園すみれ寮3(1984年8月6日)
    • 乙女学園すみれ寮4(1984年9月10日)

上記2つのドラマ作品には、イーグルスと共に当時ジャニーズJr.だった江端郁己江端郁世阿部順一小沢通可の4名も出演していた。 また、シリーズの舞台となった学園は、神奈川県伊勢原市産業能率大学や、厚木市東京工芸大学・厚木キャンパスがロケ地として使用され、セット撮影は渋谷ビデオスタジオで行われた。

テレビアニメ編集

バラエティ番組編集

CM編集

ディスコグラフィー編集

レコード編集

シングル

TBS系アニメ『イーグルサム』初代OP/ED。オリコンでは通常のシングルチャートでは100位以内に入らず、「TVマンガ童謡部門」で1983年度の年間44位[1]。大沢樹生の著書『硬派』に書かれてある「初登場73位」の記述は他社(ミュージック・リサーチまたはミュージック・ラボ等)のチャートの記録と思われる。
  • 『虹色I LOVE YOU / 情熱forever』 (1983.11.28発売、アルファ・ムーンレコード)
TBS系アニメ『イーグルサム』二代目OP/ED。オリコン最高99位。大沢樹生の著書『硬派』に書かれてある「初登場34位」の記述は他社のチャートの記録と思われる。

CD編集

  • 『イーグルス・メモリアル・ベスト』 (1991.05.10発売)
上記2枚のシングルレコードのA・B面、合計4曲を収録した物。

脚注編集

  1. ^ 『オリコン年鑑 1984年版』、88頁。