イーグル鉱山英語、Eagle Mine)とは、かつてロッキー山脈の南部、アメリカ合衆国西部のコロラド州にあった鉱山の1つである。1880年代からを採掘し始め、後に亜鉛なども採掘するようになった。しかし1984年に閉山した。

汚染編集

イーグル鉱山から流れ出た水に含まれていた砒素重金属カドミウム、亜鉛[注釈 1])などによって、イーグル川は汚染されていた。これらの重金属は、鉱山の近くから毎年春に流れ出す雪解け水中に高濃度に含まれていたのである。この結果、イーグル川などの藻類蘚類マスの生息環境を脅かした。イーグル川では多数の魚類が死んでいるのが確認されたこともある。その後、1986年から浄化が試みられているものの20世紀中には充分な浄化が達成できず、21世紀に入ってからも浄化作業が続けられている[1]

注釈編集

  1. ^ ちなみに亜鉛は、魚類に対して毒性が強い金属の1つとして知られる。

出典編集

  1. ^ Eagle Mineアメリカ合衆国環境保護庁のサイトより)