イーサネット・クロスオーバー・ケーブル

イーサネット・クロスオーバー・ケーブル(英文表記:Ethernet crossover cable)とは、通常のイーサネットツイストペアケーブル(ストレート・ケーブル)の両端には、MDI 機器と MDI-X 機器を接続するところ、両端とも MDI もしくは MDI-X の機器を接続できるように結線されたケーブルである。10BASE-T100BASE-TXが主流の時代は一方の終端をT568Aで結線し、他方をT568Bで結線することが一般的であった。クロスオーバー・ケーブルまたはクロス・ケーブルと略す。

クロスオーバーの方式編集

クロスオーバーの方式には、いくつかの方式がある。

10BASE-T および 100BASE-TX クロスオーバー(T568A・T568B 結線)
橙と白橙のツイストペアと緑と白緑のツイストペアの単色とストライプをクロスオーバーする方式。
1000BASE-T 用クロスオーバー
橙と白橙のツイストペアと緑と白緑のツイストペアの単色とストライプをクロスオーバーし、かつ青と白青のツイストペア(ペア番号1)と茶と白茶のツイストペア(ペア番号4)の単色とストライプをクロスオーバーする方式。10BASE-T および 100BASE-TX にも使用できる。

この他に 1000BASE-TX 用などがあり、かつては 1Gbps 対応クロスケーブルなどと称して市販されていた。

用途編集

MDI-Xポートを持つHUB同士をカスケード接続する際、MDIポートのパソコン同士を直接接続する際には、クロス・オーバー・ケーブルを用いる。一般的なMDIポートとMDI-Xポートとの接続にはストレート・スルー・ケーブルを用いる。 2台のパソコンを1対1で直接接続する場合や、プリントサーバのIPアドレスを設定するためにパソコンとプリントサーバとを1対1で直接接続する場合に用いる。ADSLやCATVモデムによっては、パソコンを直接接続するに際してクロス・オーバー・ケーブルを要する場合がある。 1000BASE-Tの規格には対向の MDI/MDI-X を判別する AutoMDI 機能が盛り込まれているため、1000BASE-T 対応機器であれば、通常はストレートケーブルを使用でき、クロス・オーバー・ケーブルの必要は少なくなりつつある。

結線図編集

10baseT/100baseTX 用クロスオーバー結線
Pin 終端結線 ピンポジション図
T568A T568B
1  
白緑 ストライプ
 
白橙 ストライプ
 
2  
緑 単色
 
橙 単色
3  
白橙 ストライプ
 
白緑 ストライプ
4  
青 単色
 
青 単色
5  
白青 ストライプ
 
白青 ストライプ
6  
橙 単色
 
緑 単色
7  
白茶 ストライプ
 
白茶 ストライプ
8  
茶 単色
 
茶 単色
10base-T/100base-TX/1000base-T/T4 用クロスオーバー結線
Pin 終端結線 ピンポジション図
T568B
1  
白橙 ストライプ
 
白緑 ストライプ
 
2  
橙 単色
 
緑 単色
3  
白緑 ストライプ
 
白橙 ストライプ
4  
青 単色
 
白茶 ストライプ
5  
白青 ストライプ
 
茶 単色
6  
緑 単色
 
橙 単色
7  
白茶 ストライプ
 
青 単色
8  
茶 単色
 
白青 ストライプ