メインメニューを開く

イータン・トーマス (Dedrick Etan Thomas 1978年4月1日 - )は、アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市出身の元バスケットボール選手。NBAワシントン・ウィザーズなどで活躍した。

イータン・トーマス
Etan Thomas
Etan Thomas.jpg
現役時代 (ワシントン・ウィザーズ) のトーマス (2008年) (後はドワイト・ハワード)
引退
ポジション(現役時) C
背番号(現役時) 36
身長(現役時) 208cm (6 ft 10 in)
体重(現役時) 116kg (256 lb)
基本情報
本名 Dedrick Etan Thomas
ラテン文字 Etan Thomas
誕生日 (1978-04-01) 1978年4月1日(41歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ニューヨーク州の旗 ニューヨーク州ニューヨーク市
マンハッタン区ハーレム
出身 シラキュース大学
ドラフト 2000年 12位 
選手経歴
2000-2001
2001-2009
2009-2010
2010-2011
ダラス・マーベリックス
ワシントン・ウィザーズ
オクラホマシティ・サンダー
アトランタ・ホークス

来歴編集

シラキュース大学から2000年のNBAドラフトダラス・マーベリックスから指名を受けNBA入り。マーベリックスでは出場機会がなく、2001年2月のジュワン・ハワードらとの大型トレードでワシントン・ウィザーズに移籍。トーマスはウィザーズで多くの出場機会を得ることになる。

その後2001年にウィザーズに入団したブレンダン・ヘイウッドとは常に出場時間を争うライバル関係にあった。トーマスやクワミ・ブラウンとの先発争いを制して4シーズンの間ウィザーズの先発センターを務めてきたヘイウッドだったが、2006-07シーズンはトーマスが先発の座を獲得。そしてこのシーズンの11月にはついに口論から暴力沙汰に発展した[1]。ヘイウッドはトーマスのドレッドヘアを掴み、トーマスはヘイウッドを床に投げつけた。2人とも1試合の出場停止処分を受けたが、その後ヘイウッドはトーマスから先発の座を奪還。翌2007-08シーズンはトーマスに不整脈が発覚すると言う不幸が襲ったため、結果的にヘイウッドには多くの出場時間が割かれるようになり、成績を10.6得点7.2リバウンドまで伸ばすことができたが、翌2008-09シーズンは今度はヘイウッドが右手首の故障[2]でシーズンをほぼ全休した為に、前述の不整脈を克服したトーマスが再び先発の座を奪還した[3]

2009年のNBAドラフト開催日、ミネソタ・ティンバーウルブズに移籍するも、1ヶ月後にオクラホマシティ・サンダーに移籍[4]。トーマスはオクラホマ州タルサに自宅を所有していたこともあり、サンダーでは "準・地元選手" として出迎えられた。

2010年夏、アトランタ・ホークスと1年契約を締結[5]。ホークスでは13試合の出場に止まり、その後は契約するチームも現れず、引退した。

脚注編集

外部リンク編集