メインメニューを開く

イートイン (英文:eat-in ) は、日本食事に関する言葉で、和製英語である。

英語圏でEat inと言うと『自宅で食べる(派生的に友人宅で友人たちと食べる)』事を意味し、逆にEat outが『外食』を意味する。英語の場合は店を基軸としたinかOutかではなく、自分の家を基軸としたinかOutかになる。

概要編集

飲食店で買った食料品をその店内で食べることを指す。店外に持ち出す「テイクアウト」と対比して使われる言葉として2000年代以降、日本で一般化した。

ファーストフード店やコンビニエンスストアデパ地下 (百貨店の食料品売場) などで主に使われる。

店内でのみ食べる方式の飲食店では使われず、「テイクアウト」か「イートイン」を選ぶ店の場合にのみ表示される。アメリカのファーストフード店での「ステイ オア ノットステイ」 (Stay or Notstay) と聞かれた時の「ステイ」がイートインに相当する。

デパ地下には有名店が多くテナント出店しており、それらの店でイートインが可能な場合、本店などに行くよりも手軽に高級感を味わえるとして利用されることも多い。

2019年10月1日に行われた消費税増税に伴い、イートインは「外食」と見なされ10%の消費税がかかることとなった。テイクアウトは軽減税率の対象で8%据え置きとなり、イートインを設置してるコンビニ店で混乱が発生した[1]。なおテイクアウトとして購入したものをそのままイートインスペースで食べる「イートイン脱税」については国税庁は「制度上の問題はない」としている[2]

脚注編集

外部リンク編集