ウィッシン・アンド・ホーピン

ウィッシン・アンド・ホーピン」(Wishin' and Hopin' )は、バート・バカラックハル・デイヴィッドが作詞作曲した楽曲。ダスティ・スプリングフィールド1964年にカバーしたバージョンが全米チャート6位を記録した。

ウィッシン・アンド・ホーピン
ダスティ・スプリングフィールドシングル
初出アルバム『A Girl called Dusty』
B面 Do-Re-Mi
リリース
規格 7 inch single
録音 1964年(アルバム『A girl caleed Dusty』収録)
ジャンル ポップス
時間
レーベル フィリップス・レコード
作詞・作曲 バート・バカラックハル・デイヴィッド
プロデュース ジョニー・フランツ
チャート最高順位
ダスティ・スプリングフィールド シングル 年表
Stay a while
(1964年)
ウィッシン・アンド・ホーピン
(1964年)
テンプレートを表示

解説編集

「ウィッシン・アンド・ホーピン」はディオンヌ・ワーウィックが1963年"This empty palce"のB面として録音した作品で,アメリカではダスティ・スプリングフィールドが録音し全米6位を記録した。バカラックはダスティ・スプリングフィールドを高く評価しイギリスでは「ウィッシン・アンド・ホーピン」はマージ―ビーツ盤が1964年全英13位を記録していたが、バカラックの"I just don't know what to do with myself"(恋のとまどい)はダスティ盤が1964年全英3位を記録していた。スプリングフィールドの「ウィッシン・アンド・ホーピン」はアメリカでは未発売に終わったが1967年には映画「カジノ・ロワイヤル」の主題歌「恋の面影」も最終的にダスティが歌うことで決着する。[1]アメリカではディオンヌ・ワーウィック、イギリスではダスティ・スプリングフィールド、シラ・ブラックと着々と自分の作品の表現者を見出していった。

カバー編集

出典:[2]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Bacharach; Maestro! The life of a pop genius. by Michael Brocken, Chrome Dreams, c2003, p.149-152, ISBN 9781842402191
  2. ^ Top pop Album tracks, 1955-1992,by Joel Whitburn, Record Research ,c1993,p.495, ISBN 0-89820-094-6

外部リンク編集