ウィットナー英語: Wittnauer Watch Co. )は、かつて存在したアメリカ合衆国の時計輸入業の企業・時計メーカーである。現在はブローバのブランドのひとつ。

1880年(明治13年)、スイスからドイツ系スイス人移民の「アルベルト・ヴィットナウアー」ことアルバート・ウィットナー英語: Albert Wittnauer)が義弟とともに創業した。

アガシズ(Agassiz)、アンジェラスオーデマ・ピゲロンジン、トーション(Touchon)等のスイス時計を輸入した。アメリカが輸入時計に高い関税を課したため、後には、エボーシュ(半完成品の機械)をスイスから輸入し、アメリカ国内で組立て、自社ブランドのケースに入れて販売するようになった。エボーシュを供給したメーカーがレビュートーメン(Revue-Thommen)だったため、「Wittnauer Revue」というブランド銘が文字盤に表記されているものもある。

1956年(昭和31年)にボルシーを買収してカメラ業界に参入、翌1957年(昭和32年)から1960年(昭和35年)までの間、ブラウンのカメラを輸入販売した。

脚注編集