ウィラード・ハイク

ウィラード・ハイク(Willard Huyck、1945年9月8日 - )は、アメリカ合衆国映画監督脚本家映画プロデューサーカリフォルニア州出身。ジョージ・ルーカスの補佐で知られる。南カリフォルニア大学映画芸術学部に通い、映画製作グループの「The Dirty Dozen」と出会う。妻のグロリア・カッツと共に『アメリカン・グラフィティ』、『インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説』、『ハワード・ザ・ダック/暗黒魔王の陰謀』などを製作している。

ウィラード・ハイク
Willard Huyck
生年月日 (1945-09-08) 1945年9月8日(71歳)
出生地 カリフォルニア州
職業 映画監督
脚本家
映画プロデューサー
活動期間 1969年 - 現在
配偶者 グロリア・カッツ

フィルモグラフィ編集

外部リンク編集