メインメニューを開く

ウィラード・ボイル(Willard Boyle、1924年8月19日 - 2011年5月7日)は、カナダ生まれの物理学者であり[1][2]電荷結合素子 (CCD) の共同発明者である[3]。2009年ノーベル物理学賞を1/4共同受賞した。受賞理由は「撮像半導体回路(CCDセンサー)の発明」である[4]

ウィラード・ボイル
Willard Boyle
Nobel Prize 2009-Press Conference KVA-23.jpg
生誕 (1924-08-19) 1924年8月19日
カナダの旗 カナダノバスコシア州
死没 (2011-05-07) 2011年5月7日(86歳没)
居住 カナダの旗 カナダ
国籍 カナダの旗 カナダ
研究分野 物理
主な業績 撮像半導体回路(CCDセンサー)の発明
主な受賞歴 C&C賞(1999年)
チャールズ・スターク・ドレイパー賞(2006年)
ノーベル物理学賞(2009年)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示
ノーベル賞受賞者ノーベル賞
受賞年:2009年
受賞部門:ノーベル物理学賞
受賞理由:撮像半導体回路であるCCDセンサーの発明

生い立ち編集

ノバスコシア州アマーストに生まれる。医者の息子であり、3歳のときに父と母のベアトリスとともにケベック州に引っ越した[5]

14歳まで家で教育を受け、中等教育のためモントリオールen:Lower Canada Collegeに入学した[5]。その後マギル大学に入学したが1943年に休学し、第二次世界大戦の間、王室カナダ海軍に入隊した[5]。戦争が終わりイギリス海軍に派遣され、スーパーマリン スピットファイア航空母艦に着艦する技術を学んだ[5]。1947年に学士号、1948年に修士号、1950年に博士号を取得した。

経歴編集

博士号を取得した後、ボイルはカナダの放射能研究所で1年過ごし、カナダ王立軍事大学で2年間物理を教えた[5]。1953年にベル研究所に入り、 1962年ダン・ネルソンとともに、世界初の持続的に動作するルビーレーザーを発明した。注入型半導体レーザーにおける最初の特許となった。1962年にベル研究所付属のBellcommで、宇宙科学と探索的研究部門のリーダーとなり、アポロ計画を支援し、月面着陸の場所を選ぶ手助けをした。1964年にベル研究所に戻り、集積回路の開発を行った。

1969年にボイルはジョージ・E・スミスとともに電荷結合素子 (CCD) の発明をした。

1975年から引退する1979年までベル研究所の研究開発長となった。引退後、ノバスコシア州のWalleceに住み、妻で風景画家のベティーとともに、画廊を立ち上げる支援をした[5]。1947年にベティーと結婚し、4人の子供と、10人の孫、一人のひ孫でサッカーチームを作っている[3]。晩年は妻とともにハリファックスに居住していた[3]

受賞歴編集

参照編集