メインメニューを開く
ウィリアムス管

ウィリアムス管(Williams tube)、あるいはより正確にウィリアムス-キルバーン管(Williams-Kilburn tube)は陰極線管による記憶装置で、ブラウン管の一種とすることもある。名前は開発者であるフレディー・ウィリアムス(Freddie Williams)とトム・キルバーン(Tom Kilburn)に由来する。

戦時中のレーダー表示用ブラウン管の研究・開発が関連しているが、コンピュータの記憶装置用としては1946年-1947年頃発明された。磁気コアメモリが登場する1950年代前半まで用いられていた。日本ではTACで採用された。

陰極線管の蛍光面に電子が衝突すると光が放出される。このとき副作用として衝突箇所の周囲は電荷がわずかに変化する。これを測定することによって陰極線管を単純な記憶装置として使用することが可能になる。電荷はすぐに失われるため繰り返し電子を衝突させることが必要であり、記憶保持動作が必要な、いわゆる(広義の)Dynamic Random Access Memory(DRAM)の一種といえる。

脚注・文献編集


関連項目編集

外部リンク編集