メインメニューを開く

ウィリアムズ・FW10 (Williams FW10) は、ウィリアムズ1985年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラ1カーで、パトリック・ヘッドが設計した。

ウィリアムズ FW10
ナイジェル・マンセルがドライブするFW10
ナイジェル・マンセルがドライブするFW10
カテゴリー F1
コンストラクター ウィリアムズ
デザイナー パトリック・ヘッド
先代 ウィリアムズ・FW09B
後継 ウィリアムズ・FW11
主要諸元
エンジン ホンダ RA164E,RA165E
タイヤ グッドイヤー
主要成績
チーム キヤノン・ウィリアムズ・ホンダ
ドライバー ナイジェル・マンセル
ケケ・ロズベルグ
出走時期 1985年
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
表彰台(3位以内)回数 8
通算獲得ポイント 71
初戦 1985年ブラジルGP
初勝利 1985年アメリカGP
最終戦 1985年オーストラリアGP
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
16 4 3 4
テンプレートを表示

概要編集

前作FW09ではアルミニウム製のモノコックを採用していたが、FW10のモノコックはウィリアムズとしては初となるカーボンファイバー製となった。あわせてモノコック全体を覆うエンジンカバーと一体のボディカウルが廃され、成型されたモノコックの表面がそのまま車体の表面を兼ねる構造となった。この年から、Canonのスポンサーシップが開始。以後1993年まで続くキヤノン・ウィリアムズの誕生である。

ホンダ製V6ターボエンジンを搭載し、全16戦のうち4勝を挙げた。ナイジェル・マンセルケケ・ロズベルグがそれぞれ2勝を挙げた。カナダGPより、改良型のRA165Eエンジン(別称Eスペックエンジン)が投入された[1]。前作のRA164Eにおいて頻発したエンジントラブルは、異常燃焼(ノッキング)によるピストンにかかる過大な負担がピストンを変形させることや、ピストンの熱変形によるスリーブとの接触が原因であると推測された[2]。そこで、ピストンボアを縮小することによって、異常燃焼やピストン変形の抑制しようとした[3]。これによってピストンにかかる負担を軽減させるだけでなく、ノッキングを抑える目的で燃焼室内に噴射されていた燃料[4]を削減することに成功。1985年から新たに規制された燃料総量制限にも対応することができた。ちなみにアイルトン・セナはこのレースでロズベルグにあっさり抜かれたことで衝撃を受け、以後ホンダエンジンを熱望するようになる[5]

続くアメリカGPで、ロズベルグが第2期ホンダF1の2勝目を挙げるが、以後は予選ではポールポジションを獲得するものの決勝ではタイヤの異常磨耗により遅れを取るシーンが目立つようになる。この原因はリアのサスペンションジオメトリーが不適切なためであり、現場ではこれに対応する目的でリアのダウンフォースを高く設定したため、余計に異常磨耗が進むこととなった[6]

FW10はロッカーアーム式のリアサスペンションを使用していたが、このシーズンの新車でロッカーアーム式のリアサスペンションを採用したのはウィリアムズだけだった。ウィリアムズはブランズハッチで開催されたヨーロッパGPでついにロッカーアームを諦め、プルロッド式ダブルウィッシュボーンのリアサスペンションを投入した[7]。これを採用するにあたりギアボックスケースの設計が変更され、ホンダが吸気チャンバーを小型化したこととあわせ、エンジンカバーを10cm低くすることに成功した[7]。この改造によって、リアウィングへの気流が改善された[7][8]。 FW10のうち3台がこの改造を受け、改造された車両はFW10Bとも呼ばれた[8]

FW10Bが初めて投入されたヨーロッパGPでマンセルがF1初勝利を挙げると、続くキャラミ南アフリカGPでもマンセルが勝利した。続く最終戦のオーストラリアGPではロズベルグが勝利し、ウィリアムズはシーズン最後の3戦を勝利で締めくくった。

FW10は8台製造された[9]

スペック編集

シャーシ編集

  • シャーシ名 FW10
  • ホイールベース 2,794 mm
  • 前トレッド 1,803 mm
  • 後トレッド 1,626 mm
  • クラッチ AP
  • ブレーキキャリパー AP
  • ブレーキディスク・パッド SEP
  • ホイール フォンドメタル
  • タイヤ グッドイヤー
  • ダンパー ペンスキー
  • 燃料タンク容量 199L
  • 車体重量 540kg

エンジン編集

  • エンジン名 ホンダRA164E,RA165E
  • 気筒数 V型6気筒ターボ
  • 排気量 1,500cc
  • 最高回転数 11,000回転
  • ピストンボア 90(RA165E:82)mm
  • ストローク 39.2(RA165E:47.2)mm
  • スパークプラグ NGK
  • 燃料・潤滑油 モービル

記録編集

No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント ランキング
BRA
 
POR
 
SMR
 
MON
 
CAN
 
DET
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
AUT
 
NED
 
ITA
 
BEL
 
EUR
 
RSA
 
AUS
 
1985 5   マンセル Ret 5 5 7 6 Ret DNS Ret 6 Ret 6 11 2 1 1 Ret 71 3位
6   ロズベルグ Ret Ret Ret 8 4 1 2 Ret 12 Ret Ret Ret 4 3 2 1

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『オートテクノ No.16』株式会社アスキー、1992年、p.80。
  2. ^ 『Racing on 448』三栄書房、2010年、p.46。ISBN 9784779610042
  3. ^ 『Racing on 448』三栄書房、2010年、pp.46 - 47。ISBN 9784779610042
  4. ^ 燃焼室内の温度低下に使用され、RA164Eでは、燃焼に使われる燃料の5割増の量を噴射していた。
  5. ^ 『F1地上の夢』(海老沢泰久著、朝日新聞社1993年)pp.442 - 443
  6. ^ 『F1地上の夢』pp.416 - 419
  7. ^ a b c Maurice Hamilton, ed (1985) (英語). Autocourse 1985-86. Hazleton Publishing. pp. p.183. ISBN 0-905138-38-4. 
  8. ^ a b Bamsey, Ian (1988) (英語). The 1000 BHP Grand Prix Cars. Haynes Publishing Group. pp. p.119. ISBN 0-85429-617-4. 
  9. ^ Hamilton, Maurice, ed (1985). Autocourse 1985-1986. Hazleton Publishing. pp. p.42. ISBN 0-905138-38-4.