メインメニューを開く


ウィリアムズFW29 (Williams FW29) はウィリアムズF12007年のF1世界選手権に投入したフォーミュラ1カー

ウィリアムズ・FW29
2009年のグッドウッド・フェスティバルにて、中嶋一貴がドライブするFW29 (カラーはFW31のものに塗り替えられている)
2009年のグッドウッド・フェスティバルにて、中嶋一貴がドライブするFW29
(カラーはFW31のものに塗り替えられている)
カテゴリー F1
コンストラクター ウィリアムズF1[1]
デザイナー オーストラリアの旗 サム・マイケル(テクニカルディレクター)
フランスの旗 ロイック・ビゴワ (チーフエアロダイナミシスト)
先代 ウィリアムズ・FW28
後継 ウィリアムズ・FW30
主要諸元
シャシー カーボンファイバー アラミド モノコック
サスペンション(前) ダブルウィッシュボーン プッシュロッド トーションバー・スプリング
サスペンション(後) ダブルウィッシュボーン プッシュロッド トーションバー・スプリング
エンジン トヨタ RVX-07 2396cc V8. NA ミッドエンジン
トランスミッション ウィリアムズ/Xtrac製 7速, セミAT シームレスシフト.
燃料 ペトロブラス
タイヤ ブリヂストン
主要成績
チーム AT&T ウィリアムズ
ドライバー 16. ドイツの旗 ニコ・ロズベルグ
17. オーストリアの旗 アレクサンダー・ヴルツ
17. 日本の旗 中嶋一貴
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
初戦 2007年オーストラリアグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
17 0 0 0
テンプレートを表示

開発編集

前年モデルのFW28に比べ、フロントノーズ部とサイドポンツーン、リヤ部が大きく変更されたが、前作の発展モデルとほとんどいってよい。サイドポンツーン全面を絞り込み、2006年に起きた信頼性の問題に対処するためにエンジンとエキゾーストマニホールドのパッケージを改良し、空力効果を向上させるためにトップデッキをより低く狭くした。

エンジンはコスワースとの契約を1年限りで終え、この年からトヨタ製カスタマーエンジンの供給を受ける。

2007年シーズン編集

ドライバーはニコ・ロズベルグが残留。マーク・ウェバーが移籍し、サードドライバーのアレクサンダー・ヴルツがレギュラーに昇格した。

前年は極端に低かった完走率が向上し、最終的にはエンジン供給元のトヨタを上回るコンストラクターズ4位を獲得した。2年目のロズベルグは予選Q3進出の常連となり、20ポイントを獲得してエースの地位を確立した。ヴルツは第16戦中国GP後に引退を表明し、最終戦はサードドライバーの中嶋一貴が参戦した。

スペック編集

シャーシ編集

  • シャーシ名 FW29
  • 全長 4,500 mm
  • 全幅 1,800 mm
  • 全高 950 mm
  • ホイルベース 3,100 mm
  • 重量 605kg
  • ホイール レイズ 鍛造マグネシウム
  • タイヤ ブリヂストン

エンジン編集

 

記録編集

No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 ポイント ランキング
AUS
 
MAL
 
BHR
 
ESP
 
MON
 
CAN
 
USA
 
FRA
 
GBR
 
EUR
 
HUN
 
TUR
 
ITA
 
BEL
 
JPN
 
CHN
 
BRA
 
2007 16  ニコ・ロズベルグ 7 Ret 10 6 12 10 16 9 12 Ret 7 7 6 6 Ret 16 4 33 4th
17  アレクサンダー・ヴルツ Ret 9 11 Ret 7 3 10 14 13 4 14 11 13 Ret Ret 12
 中嶋一貴 TD TD TD TD TD 10
  • ドライバーズランキング
    • ニコ・ロズベルグ 9位
    • アレクサンダー・ヴルツ 11位
    • 中嶋一貴 22位

参照編集

  1. ^ The Williams-Toyota FW29 technical specification”. 2007年2月16日閲覧。