ウィリアム・アシュバーナム (第2代アシュバーナム男爵)

第2代アシュバーナム男爵ウィリアム・アシュバーナム英語: William Ashburnham, 2nd Baron Ashburnham1679年5月21日1710年6月16日)は、イギリスの貴族、地主、政治家。1702年から1710年まで庶民院議員を務めた後、アシュバーナム男爵の爵位を継承したが、同年に急死した。

生涯編集

初代アシュバーナム男爵ジョン・アシュバーナム英語版とブリジット・ヴォーン(Bridget Vaughan)の長男として、1679年5月21日に生まれた[1]

1701年11月イングランド総選挙英語版で父に推されてヘイスティングズ選挙区英語版で立候補したが、父の影響力が足りずホイッグ党候補の当選を防げなかった[2]。続く1702年イングランド総選挙英語版で再び立候補したときはトーリー党に有利な情勢の追い風を受けて当選、1705年イングランド総選挙英語版1708年イギリス総選挙でも再選した[2]

1710年1月21日に父が死去するとアシュバーナム男爵の爵位を継承したが、自身も同年6月16日に天然痘で死去[2]、子供がいなかったため爵位は弟ジョンが継承した[1]

家族編集

1705年10月16日[2]、キャサリン・テイラー(Catherine Taylor、1710年没、トマス・テイラーの娘)と結婚したが、2人の間に子供はいなかった[1]

脚注編集

  1. ^ a b c Burke, Sir Bernard; Burke, Ashworth P, eds. (1914). Burke's Peerage, Baronetage and Knightage (英語) (76th ed.). London: Harrison & Sons. p. 135.
  2. ^ a b c d Hanham, Andrew A (2002). "ASHBURNHAM, Hon. William (1679-1710)". In Hayton, David; Cruickshanks, Eveline; Handley, Stuart (eds.). The House of Commons 1690-1715 (英語). The History of Parliament Trust. 2019年6月3日閲覧
イングランド議会 (en
先代:
ジョン・パルトニー英語版
ジョン・マウンシャー英語版
庶民院議員(ヘイスティングズ選挙区英語版選出
1702年 – 1707年
同職:ジョン・パルトニー英語版
次代:
グレートブリテン議会
グレートブリテン議会英語版
先代:
イングランド議会
庶民院議員(ヘイスティングズ選挙区英語版選出
1707年 – 1710年
同職:ジョン・パルトニー英語版
次代:
ジョン・パルトニー英語版
ジョン・アシュバーナム閣下
イングランドの爵位
先代:
ジョン・アシュバーナム英語版
アシュバーナム男爵
1710年
次代:
ジョン・アシュバーナム