メインメニューを開く

ウィリアム・フロイド・“ビル”・ウェルド英語: William Floyd "Bill" Weld, 1945年7月31日 - )は、アメリカ合衆国政治家法律家。所属政党は共和党だが、2016年から2019年まではリバタリアン党に所属した。

ウィリアム・ウェルド
William Weld
William Weld 2016 (cropped5x7).jpg
生年月日 (1945-07-31) 1945年7月31日(74歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニューヨーク州の旗 ニューヨーク州スミスタウン
出身校 ハーバード・カレッジ
ハーバード・ロースクール
所属政党 共和党( - 2016年、2019年 - )
リバタリアン党(2016年 - 2019年)
配偶者 スーザン・ルーズベルト・ウェルド(1975年 - 2002年)
レスリー・マーシャル

在任期間 1991年1月3日 - 1997年7月29日
副知事 ポール・セルーチ
テンプレートを表示

連邦検事マサチューセッツ州担当、1981年 - 1986年)、連邦司法次官補(1986年 - 1988年)、第68代マサチューセッツ州知事1991年 - 1997年)などを歴任した。

目次

経歴編集

生い立ち編集

1945年7月31日証券取引業者の父・デヴィッドと母・メアリーの子としてニューヨーク州スミスタウンに生まれる。母・メアリーはアメリカ独立宣言署名者ウィリアム・フロイドの子孫である。マサチューセッツ州ミドルセックス・スクール英語版からハーバード・カレッジに進学し、1966年に同校を卒業するとハーバード・ロースクール法務学士の学位を取得した。

連邦検事編集

連邦下院司法委員会におけるウォーターゲート事件の調査団員として法曹のキャリアを開始する。調査団の同僚にはヒラリー・ロダム(後のヒラリー・クリントン)がいた。1981年から1986年までマサチューセッツ州担当の連邦検事を務めた後、共和党ロナルド・レーガン政権の下で1988年まで連邦司法次官補を務めた。

マサチューセッツ州知事編集

 
ウィリアム・ウェルド(1990年代)

1990年、次期マサチューセッツ州知事選挙に共和党から出馬し、民主党の現職マイケル・デュカキスの後任に挑むことを宣言する。党指名争いを勝ち抜けた後、本選では民主党候補のボストン大学学長ジョン・シルバー英語版を破って第68代マサチューセッツ州知事に選出された。1994年の選挙では71%の得票率で州知事に再選された。この得票率はマサチューセッツ州知事選史上、最も高い得票率である。

知事退任後編集

知事退任後の1996年、共和党候補としてマサチューセッツ州から連邦上院議員選挙に出馬し、民主党の現職ジョン・ケリーに挑戦するも、52.2%対44.7%の得票率で敗北する。1997年には民主党ビル・クリントン政権から駐メキシコアメリカ合衆国大使英語版に指名されるも、連邦上院外交委員会によって人事案を否決され、任命には至らなかった。

その後はマサチューセッツ州の法律事務所に勤務し、2004年大統領選挙では共和党の現職ジョージ・W・ブッシュの選挙活動を手伝う。2008年大統領選挙の共和党指名争いではミット・ロムニーを支持したが、2012年大統領選挙では共和党指名候補のロムニーではなく民主党の現職バラク・オバマを支持した。2013年には同性結婚の法制化を支持することも表明している。

2016年に共和党を離れてリバタリアン党へ鞍替えし、同年5月29日2016年大統領選挙におけるリバタリアン党副大統領候補に指名された[1]。2019年4月には2020年大統領選挙へ共和党より立候補する意向を表明[2]

脚註編集

外部リンク編集