ウィリアム・エンプソン

ウィリアム・エンプソン(William Empson 1906年9月27日 - 1984年4月15日)は、英国文学批評家詩人

概略編集

ヨークシャー州に生まれる。ケンブリッジ大学数学を専攻、のち文学批評に転じ、アイヴァー・リチャーズの影響を受ける。1930年『曖昧の七つの型』を発表。1931-1934年東京文理科大学で教え、帰国後、『牧歌の諸変奏』(1935)を発表。1937年北京大学に赴任し、1940年戦争のため帰国。1947-1952年再び北京大学で教える。1953-1971年シェフィールド大学英文学教授。その後名誉教授。ニュー・クリティシズムの重要な批評家で、自らも詩集を出している。

邦訳編集

  • 『曖昧の七つの型』星野徹武子和幸訳、思潮社 1972
  • 『曖昧の七つの型』岩崎宗治訳、研究社 1972、新版1985。岩波文庫(上下)2006。水声社 2022
  • 『牧歌の諸変奏』柴田稔彦訳、研究社出版 1982

関連書籍編集

  • 『エンプソン入門 Empson:Seven types of ambiguity 第一章の研究と注釈』早稲田大学エンプソン研究会編 北星堂書店 1972

参考文献編集