ウィリアム・オブライエン (第4代インチクィン伯爵)

アイルランドの貴族でイギリスの政治家

第4代インチクィン伯爵ウィリアム・オブライエン: William O'Brien, 4th Earl of Inchiquin, KB PC (Ire)1700年 - 1777年7月18日)は、アイルランドの貴族でイギリスの政治家。

1720年ごろの肖像画

経歴編集

1700年[1]アイルランド貴族第3代インチクィン伯爵ウィリアム・オブライエンとその妻メアリー(旧姓ヴィリアーズ)の長男として生まれる[2]

1719年12月24日にインチクィン伯爵以下3つのアイルランド貴族爵位を継承した[2]

グレートブリテン貴族爵位は保有していないため、グレートブリテン王国議会庶民院の議員選挙への立候補が可能であり、1722年から1727年までウィンザー選挙区英語版、1727年から1734年までタムワース選挙区英語版1741年から1747年までキャメルフォード選挙区英語版、1747年から1754年までアイルズベリー選挙区英語版から選出されてホイッグ党所属の庶民院議員を務めた[1]

1740年から1741年にかけてはフリーメイソンイングランド・首位グランドロッジ英語版グランドマスター英語版を務めた[1]

1741年から死去までクレア県総督(Governor of County Clare)、1762年から1767年までクレア県主席治安判事(Custos Rotulorum of County Clare)を務めた[1]。、また1744年から1751年にかけてはフレデリック皇太子の寝室侍従(Bedchamber)を務めた[1]。1753年にアイルランド枢密顧問官英語版に列する[2]

1777年7月18日に男子相続人がないまま死去した[2]。爵位は甥にあたるマーロウ・オブライエンに継承された。マーロウは後にトモンド侯爵に叙せられる[1]

栄典編集

爵位編集

勲章編集

家族編集

1720年スコットランド貴族初代オークニー伯爵英語版ジョージ・ダグラス=ハミルトンの長女である第2代オークニー女伯爵アンと結婚し、彼女との間に一人娘メアリーを儲けた[2]

アイルランド貴族爵位のインチクィン伯爵位は男系男子のみに継承されるのでメアリーに継承させることはできなかったが、妻アンが有するスコットランド貴族爵位のオークニー伯爵位は男子なき場合の女系継承が可能なのでメアリーが第3代オークニー女伯爵位を継承している。なおメアリーはインチクィン伯爵位を継承したマーロウ・オブライエンと結婚している[3]

出典編集

  1. ^ a b c d e f g University of Toronto. "O'Brien, William, 4th Earl of Inchiquin (1700-1777)". University of Toronto Libraries, British Armorial Bindings (英語). 2015年9月19日閲覧
  2. ^ a b c d e f Lundy, Darryl. "William O'Brien, 4th Earl of Inchiquin". thepeerage.com (英語). 2015年9月19日閲覧
  3. ^ Lundy, Darryl. "Mary O'Brien, Countess of Orkney". thepeerage.com (英語). 2015年9月19日閲覧
グレートブリテン議会英語版
先代
サー・ヘンリー・アシャースト
サミュエル・トラヴァーズ
ウィンザー選挙区英語版選出庶民院議員
1722年1727年
同職:バーフォード伯爵 1722年 – 1726年
ヴィアー・ボークラーク卿 1726年 – 1727年
次代
ヴィアー・ボークラーク卿
マルパス子爵
先代
フランシス・ウィラビー
ジョージ・コンプトン
タムワース選挙区英語版選出庶民院議員
1727年1734年
同職:トマス・ウィロビー英語版
次代
ジョン・サックヴィル卿英語版
ジョージ・コンプトン
先代
サー・トマス・リトルトン
ジェイムズ・チャムリー英語版
キャメルフォード選挙区英語版選出庶民院議員
1741年1747年
同職:チャールズ・モンタギュー英語版
次代
第3代ロンドンデリー伯爵
サミュエル・マーティン英語版
先代
チャールズ・ピルスワース英語版
ウィリアム・スタンホープ
アイルズベリー選挙区英語版選出庶民院議員
1747年1754年
同職:エドワード・ウィリーズ英語版
次代
トマス・ポッター
ジョン・ウィリーズ英語版
フリーメイソン
先代
ペイズリー卿
イングランド・首位グランドロッジ
グランドマスター
英語版

1726年 – 1727年
次代
第3代コルレイン男爵
アイルランドの爵位
先代
ウィリアム・オブライエン
第4代インチクィン伯爵
1719年 – 1777年
次代
マーロウ・オブライエン