ウィリアム・カペル (第3代エセックス伯爵)

第3代エセックス伯爵ウィリアム・カペル英語: William Capell, 3rd Earl of Essex KG KT PC FRS1697年2月11日1743年1月8日)は、グレートブリテン王国の貴族、廷臣、外交官。

第3代エセックス伯爵の肖像画、ジョージ・ナップトン英語版作、1735年頃。

生涯編集

第2代エセックス伯爵アルジャーノン・カペルとアン・ベンティンク(初代ポートランド伯爵ウィリアム・ベンティンクの娘)の長男として、1697年に生まれた[1]。1710年1月10日に父が死去すると、エセックス伯爵の爵位を継承した[2]

1719年より王太子ジョージ寝室侍従英語版を務め[3]、1727年にジョージがジョージ2世として国王に即位した以降も留任した[1]。1722年にハートフォードシャー統監英語版に任命され[1]、1731年にサルデーニャ王国駐在イギリス全権公使英語版に任命され、1736年まで務めた(1732年に大使に昇格)[3]。また、1727年にセント・ジェームズ・パーク管理人に、1728年にハイド・パーク管理人に任命されたが[3]、両方とも1739年12月4日に国王親衛隊隊長に任命されたときに辞任している[1]

1725年にシッスル勲章を授与され、1735年2月12日に枢密顧問官に任命され、1738年2月20日にガーター勲章を授与された[1]。1731年11月にフリーメイソンになり[3]、1737年11月17日に王立協会フェローに選出された[3]。また、1739年に創設された捨子養育院英語版の初代総裁の1人だった[4]

1743年1月8日に死去、ワトフォードで埋葬された[1]。息子ウィリアムが爵位を継承した[2]

家族編集

 
エセックス伯爵夫人ジェーン・ハイド

1718年11月27日、第4代クラレンドン伯爵ヘンリー・ハイドの娘ジェーン英語版(1724年1月没)と結婚、4女をもうけた[2]

1726年2月3日、第2代ベッドフォード公爵ライオセスリー・ラッセルの娘エリザベス英語版(1784年6月8日没)と再婚[2]、2男4女をもうけた[1]

  • 長男 - 早世
  • ウィリアム(1732年 – 1799年) - 第4代エセックス伯爵

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g Henderson, Thomas Finlayson (1887). "Capel, William" . In Stephen, Leslie (ed.). Dictionary of National Biography (英語). 9. London: Smith, Elder & Co. p. 19.
  2. ^ a b c d Burke's Peerage, Baronetage and Knightage (英語) (99th ed.). London: Burke's Peerage Limited. 1949. p. 723.
  3. ^ a b c d e "Capel; William (1697 - 1743); 3rd Earl of Essex". Record (英語). The Royal Society. 2019年6月8日閲覧
  4. ^ A Copy of the Royal Charter Establishing an Hospital for the Maintenance and Education of Exposed and Deserted Young Children (英語). p. 4.
外交職
先代:
エドマンド・アレン
サルデーニャ王国駐在イギリス大使英語版
1731年 – 1736年
次代:
アーサー・ヴィレッテス英語版
公職
先代:
マンチェスター公爵
国王親衛隊隊長
1739年 – 1743年
次代:
ストラットンのバークリー男爵
名誉職
先代:
初代クーパー伯爵英語版
ハートフォードシャー統監英語版
1722年 – 1743年
空位
次代の在位者
第2代クーパー伯爵
イングランドの爵位
先代:
アルジャーノン・カペル
エセックス伯爵
1710年 – 1743年
次代:
ウィリアム・カペル