ウィリアム・スタンホープ (初代ハリントン伯爵)

初代ハリントン伯爵ウィリアム・スタンホープ英語: William Stanhope, 1st Earl of Harrington, PC、1683年頃[1]/1690年頃[2][3] - 1756年12月8日)は、グレートブリテン王国の政治家、外交官

The Right Honourable英語版
ハリントン伯爵
PC
William Stanhope, 1st Earl of Harrington (1683-1756), Attributed to Godfrey Kneller.jpg
ハリントン伯爵の肖像画、ゴドフリー・ネラー作。
アイルランド総督
任期
1746年11月15日 – 1750年12月15日
君主ジョージ2世
前任者チェスターフィールド伯爵
後任者ドーセット公爵
枢密院議長
任期
1742年2月13日 – 1745年1月3日
君主ジョージ2世
首相ウィルミントン伯爵
ヘンリー・ペラム
前任者ウィルミントン伯爵
後任者ドーセット公爵
個人情報
生誕ウィリアム・スタンホープ
1683年頃[1]/1690年頃[2][3]
死没1756年12月8日
グレートブリテン王国の旗 グレートブリテン王国ロンドン
国籍イギリス
配偶者アン・グリフィス(Anne Griffith
ジョン・スタンホープ
ドロシー・アガード
住居エルヴァストン城英語版
職業貴族、政治家、外交官

生涯編集

 
ハリントン伯爵の紋章。

エルヴァストン英語版のジョン・スタンホープの息子で、ジョージ1世の時期に活躍した政治家チャールズ・スタンホープ英語版の弟である[2]。先祖のサー・ジョン・スタンホープ(1638年没)は初代チェスターフィールド伯爵フィリップ・スタンホープ英語版の異母弟だった[2]

イートン・カレッジで教育を受けた後、従軍してスペイン継承戦争に参戦、第2近衛歩兵連隊の中尉→大尉(1703年)、第3近衛歩兵連隊の大尉→中佐(1710年)、歩兵連隊の大佐(1711年 - 1712年)として参戦した。終戦後も竜騎兵連隊の大佐(1715年 - 1718年)、第13竜騎兵連隊の大佐(1725年 - 1730年)を務め、また1735年に少将に、1739年に中将に、1747年に大将にそれぞれ昇進した[1]

その後はマドリードへの使節団に加わったり、イギリス代表としてトリノに出向したりして外交畑で活躍した[2]。1720年のハーグ条約でイギリスとスペインが講和すると、スタンホープはイギリス駐スペイン大使に任命され、英西関係が難しい状況にある時期によく務めた[2]。1727年3月に駐スペイン大使を退任した[2]。その後、1727年から1730年まで副宮内長官英語版を務め、1727年5月31日に枢密顧問官に任命された[2]。1729年、イギリス、フランス、スペイン間のセビリア条約の交渉に関与、その貢献により1730年1月にハリントン男爵に叙された[2]

同年、ウォルポール内閣第2代タウンゼンド子爵の後任として北部担当国務大臣に就任したが、平和志向のウォルポールと違い、そして国王ジョージ2世と同じく、ポーランド継承戦争神聖ローマ皇帝カール6世に味方して対仏宣戦しようとした[2]。最終的にはウォルポールの主張が通ったが、ハリントンは1742年にウォルポールが失脚するまで北部担当国務大臣に留まった[2]。その後は枢密院議長に任命され、ハリントン英語版ハリントン伯爵サリーのピーターシャム子爵に叙された[2]

 
ハリントン伯爵の肖像画、ジェームズ・ウォーズデイル英語版作。

1744年、政治上の盟友であるヘンリー・ペラム初代ニューカッスル公爵により北部担当国務大臣に戻されたが、国王の寵愛を失って1746年10月に退任した[2]。その後、1747年から1751年までアイルランド総督を務め、1756年12月8日にロンドンで死去した[2]

1741年、王立協会フェローに選出された[4]

家族編集

エドワード・グリフィス大佐の娘で相続人であるアン・グリフィスと結婚、双子の子供をもうけた[1]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d STANHOPE, William (c.1683-1756)”. History of Parliament Online. 2014年5月11日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n Chisholm, Hugh, ed. (1911). "Harrington, Earls of" . Encyclopædia Britannica (英語). 13 (11th ed.). Cambridge University Press. p. 18.
  3. ^ a b "Stanhope, William" . Dictionary of National Biography (英語). London: Smith, Elder & Co. 1885–1900.
  4. ^ "Stanhope; William (c 1690 - 1756); 1st Earl of Harrington". Record (英語). The Royal Society. 2018年12月24日閲覧

外部リンク編集

グレートブリテン議会英語版
先代:
エドワード・マンディー
ナサニエル・カーゾン英語版
庶民院議員(ダービー選挙区英語版選出)
1715年 - 1722年
同職:ジェームズ・キャヴェンディッシュ英語版
次代:
ジェームズ・キャヴェンディッシュ英語版
トマス・ベイリー
先代:
ジョン・ガムリー英語版
カーナーヴォン侯爵英語版
庶民院議員(ステニング選挙区英語版選出)
1727年
同職:ジョン・ガムリー英語版
次代:
初代ヴェーン子爵
トマス・ブレーデン英語版
先代:
ジェームズ・キャヴェンディッシュ英語版
トマス・ベイリー
庶民院議員(ダービー選挙区英語版選出)
1727年 - 1730年
同職:ジェームズ・キャヴェンディッシュ英語版
次代:
ジェームズ・キャヴェンディッシュ英語版
チャールズ・スタンホープ
軍職
先代:
サー・ロバート・リッチ英語版
ハリントンの竜騎兵連隊英語版隊長
1725年 - 1730年
次代:
ヘンリー・ホーリー英語版
外交職
空位
最後の在位者
ジョン・チェットウィンド
イギリス駐スペイン大使英語版
1721年 - 1727年
次代:
ベンジャミン・キーン英語版
公職
先代:
トマス・コーク英語版
副宮内長官英語版
1727年 - 1730年
次代:
第2代ハーヴィ男爵
先代:
第2代デヴォンシャー公爵
北部担当国務大臣
1730年 - 1742年
次代:
第2代カートレット男爵
貴族院院内総務
1730年 - 1742年
先代:
初代ウィルミントン伯爵
枢密院議長
1742年 - 1745年
次代:
初代ドーセット公爵
先代:
第2代カートレット男爵
北部担当国務大臣
1744年 - 1746年
次代:
第4代チェスターフィールド伯爵
貴族院院内総務
1744年 - 1746年
先代:
第4代チェスターフィールド伯爵
アイルランド総督
1746年 - 1751年
次代:
初代ドーセット公爵
グレートブリテンの爵位
爵位創設 ハリントン伯爵
1742年 - 1756年
次代:
ウィリアム・スタンホープ
ハリントン男爵
1730年 - 1756年