メインメニューを開く

ウィリアム・スタージス・ビゲロー

ウィリアム・スタージス・ビゲロー

ウィリアム・スタージス・ビゲロー(William Sturgis Bigelow、1850年4月4日1926年10月6日)は、アメリカ合衆国の医師で日本美術の研究家、仏教研究者。ボストン市出身。

略歴編集

1874年ハーバード大学医学部卒。1881年、エドワード・シルヴェスター・モースの講演を聞いて日本に興味を持ち、1882年フェノロサとともに来日、岡倉天心らをはじめ、日本各地の寺などを援助する。日本美術の収集家として知られ、帰国後の1890年ボストン美術館理事に就任し、フェノロサ死去の翌年の1909年には、公務に対する褒賞である勲三等旭日章を受勲する。収集品は1911年に正式にボストン美術館に寄贈された。来日がきっかけで仏教に傾倒し、滋賀県大津市法明院の住職、桜井敬徳を導師として授戒。戒名は月心であり、授戒後の彼が書いた手紙には"Gessin"とサインしている。法明院には、ビゲローやフェノロサが過ごした茶室や遺品が残されている他、フェノロサの墓と並び彼の墓もある。[1]


浮世絵コレクション

ビゲローの版画コレクションは33,264枚という膨大な数量を誇り、ボストン美術館全体の約64パーセントを占める。ビゲローが最も多く所蔵する版画作品は歌川国貞浮世絵で、その数は9,088枚にも上り、全体の約三分の一を占める。次に歌川国芳の3,340枚、歌川広重の1,736枚と続く。さらにビゲローは、歌舞伎番付のコレクションを1,215点も収集し、浮世絵に加えて珍しい摺物や番付、重要な役者絵と符合する歌舞伎番付を数多く所有している[1]

脚注編集

  1. ^ 畑江(2017)p.80。

参考文献編集

  • 畑江麻里「ボストン美術館蔵ビゲローコレクションにおける歌川国貞(三代豊国)の浮世絵―役者絵の数量的分析および歌舞伎番付との符合調査から浮かび上がるウィリアム・スタージス・ビゲローの蒐集動機―」『LOTUS』vol.37、日本フェノロサ学会、2017年3月、pp.69-88
  • 北川博子『ボストン美術館所蔵上方絵目録』、関西大学なにわ・大阪文化遺産学研究センター、2007年

関連項目編集