ウィリアム・ステュアート (初代ブレッシントン伯爵)

初代ブレッシントン伯爵ウィリアム・ステュアート英語: William Stewart, 1st Earl of Blessington PC (Ire)1709年4月7日1769年8月14日)は、アイルランド貴族

生涯編集

第2代マウントジョイ子爵ウィリアム・ステュアートとアン・ボイル(Anne Boyle、1741年10月27日没、初代ブレッシントン子爵マーロー・ボイル英語版の娘[1])の息子として、1709年4月7日に生まれた[2]。1728年1月10日に父が死去すると、マウントジョイ子爵位を継承した[2]

フリーメイソンの一員であり、1738年から1739年までアイルランド・グランドロッジ英語版のグランドマスターを[3]、1756年から1760年までイングランド古代派グランドロッジ英語版のグランドマスターを務めた[2]

母の遺産を継承した後、1745年12月7日にアイルランド貴族であるウィックロー県におけるブレッシントン伯爵に叙され、1748年8月26日にアイルランド枢密院英語版の枢密顧問官に任命された[2]

1769年8月14日にメイフェアバークリー・スクエア英語版で死去、31日にシルチェスター英語版で埋葬された[2]。ブレッシントン伯爵位とマウントジョイ子爵位は廃絶、従属爵位であった1623年創設の準男爵位のみ遠戚のアンズリー・ステュアートが継承した[2]

家族編集

1734年1月10日、エリナー・フィッツジェラルド(Eleanor FitzGerald、1712年頃 – 1774年10月1日、ロバート・フィッツジェラルドの娘)と結婚した[2]

  • ウィリアム(1735年3月14日 – 1737年) - パリにて天然痘により死去

出典編集

  1. ^ Cokayne, George Edward, ed. (1893). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (L to M) (英語). 5 (1st ed.). London: George Bell & Sons. p. 402.
  2. ^ a b c d e f g Cokayne, George Edward; Gibbs, Vicary, eds. (1912). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (Bass to Canning) (英語). 2 (2nd ed.). London: The St. Catherine Press, Ltd. pp. 191–192.
  3. ^ The Constitutions of Freemasonry (英語). Dublin: The Grand Lodge of Ireland英語版. 1858. p. 186.
フリーメイソン
先代:
ティロン子爵
アイルランド・グランドロッジ
グランドマスター
英語版

1738年 – 1739年
次代:
ムーア男爵
先代:
エドワード・ヴォーン
イングランド古代派グランドロッジ
グランドマスター
英語版

1756年 – 1760年
次代:
ケリー伯爵
アイルランドの爵位
爵位創設 ブレッシントン伯爵
1745年 – 1769年
廃絶
先代:
ウィリアム・ステュアート
マウントジョイ子爵
1728年 – 1769年
アイルランドの準男爵
先代:
ウィリアム・ステュアート
(ラメルトンの)準男爵
1728年 – 1769年
次代:
アンズリー・ステュアート