ウィリアム・ド・オービニー (初代アランデル伯爵)

初代アランデル伯爵ウィリアム・ド・オービニー英語: William d'Aubigny, 1st Earl of Arundel、? - 1176年10月3日)は、中世イングランドの貴族。

ウィリアム・ド・アルビニー(William d'Albini, William de Albini)の名で知られる[1]

経歴編集

ノーフォークバッケナム英語版の領主ウィリアム・ド・オービニー英語版(Pincernaの名で知られる)とその妻モード(ノーフォーク・フラムリンガム英語版の領主ロジャー・ビゴッド英語版の娘)の間の長男として生まれた[2][3][4]

1138年に亡き国王ヘンリー1世の2番目の王妃だったアデライザ・オブ・ルーヴァンと結婚したことで1138年か1139年頃にアランデル城英語版アランデル伯爵位を与えられた[2][3][4]無政府時代にあってスティーブン王に忠実な立場をとり、1153年にはスティーブンとアンリ(ヘンリー2世)との間のウォリングフォード条約英語版締結に尽力した[2]。ヘンリー2世のもとでも地位を維持した[2]

1173年若ヘンリー王の反乱の際には国王ヘンリー2世に付いた[2]

1176年10月3日サリーウェイバリー修道院英語版で死去した[2][3]

家族編集

1138年ルーヴァン伯英語版ゴドフリー1世英語版の娘でイングランド王ヘンリー1世の2番目の王妃だったアデライザ・オブ・ルーヴァンと結婚。彼女との間に4男3女を儲けた[3][4][5]

  • ウィリアム・ド・オービニー英語版(1150年以前 - 1193年) - 2代アランデル伯
  • レイナー
  • ヘンリー
  • ジェフリー
  • アリス(? - 1188年) - ウー伯ジョン(ジャン1世)・ヘイスティングスと結婚、のちアルヴレッド・ド・セント・マーティンと結婚
  • オリヴィア - 早世、サセックスのボックスグローブ修道院に埋葬された。
  • アガサ - 早世、サセックスのボックスグローブ修道院に埋葬された。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

出典編集

  1. ^ Brown 1988, p. 9.
  2. ^ a b c d e f "Albini, William de (d.1176)" . Dictionary of National Biography (英語). London: Smith, Elder & Co. 1885–1900.
  3. ^ a b c d Lundy, Darryl. “William d'Aubigny, 1st Earl of Arundel” (英語). thepeerage.com. 2016年11月24日閲覧。
  4. ^ a b c Heraldic Media Limited. “Arundel, Earl of (E, c.1139)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2016年8月8日閲覧。
  5. ^ Weir, pp. 48 - 49

参考文献編集

  • Brown, R. Allen (1988). Castle Rising Castle. London, UK: English Heritage. ISBN 185074159X 
  • Weir, Alison (2008). Britain's Royal Families, Vintage.
イングランドの爵位
爵位創設 初代アランデル伯爵
1138年頃 – 1176年
次代:
ウィリアム・ド・オービニー英語版