メインメニューを開く

ウィリアム・パターソン (探検家)

ウィリアム・パターソン

ウィリアム・パターソン(William Paterson, FRS、1755年8月17日 - 1810年6月21日)は、スコットランド出身の軍人、植民地施政官、植物学者である。オーストラリアタスマニア探検で知られる。

生涯編集

アンガスのモントローズの出身である。少年の頃から植物が好きで、ロンドンのSyonで園芸の訓練を受けた。裕福な植物愛好家によって、植物採集のためにケープ植民地に送られた。1777年5月から1780年までに南アフリカに留まり、その間4度、内陸部の探検を行い、1789年に『ホッテントット族, カフラリア族の国への4度の旅の物語』("Narrative of Four Journeys into the Country of the Hottentots and Caffraria")を出版し、ジョゼフ・バンクスに献じた。

インドの98歩兵連隊に入隊し、1787年に、78歩兵連隊に転籍した。1789年にニュー・サウスウェールズ軍団の大尉に昇進し、訓練の後に1791年にシドニーに赴任した。1793年までノーフォーク島で勤務し、そこでも植物鉱物昆虫標本を集め、バンクスに送った。また種子を、育苗商に送った。1798年に王立協会の会員に選ばれた。

1801年にオーストラリア東南部のニューサウスウェールズ州ハンター地域の探検を率い、後にパターソン川と名づけられる川まで区達した。1804年には当時ポート・ダリンプル(Port Dalrymple)と呼ばれた、タスマニアの領域の探検隊を率い、タマール川を探検し、当時未踏の北エスク川まで踏み入った。

1804年から1808年の間、Van Diemen's Landの一部の副施政官(Lieutenant Governor)となり、一時公務でシドニーに戻るが、1808年までタスマニアにとどまった。この間にも多くの標本を集め、バンクスに送った。

オーストラリアの自由移民や軍とニューサウスウェールズ総督との紛争(いわゆる「ラム酒の反乱」)のなかで、1809年にニューサウスウェールズ総督ウィリアム・ブライが解職されると、ラックラン・マッコーリーが総督に就任するまで、一時総督業務を行った。1810年末、健康を害して、本国へ戻る船中で没した。

参考文献編集

  • "GOVERNORS.". Portland Guardian and Normanby General Advertiser (Vic. : 1842 - 1876) (Vic.: National Library of Australia). 6 January 1868. p. 4 Edition: EVENINGS. Retrieved 7 November 2012.
  • Brummitt, R. K.; C. E. Powell (1992). Authors of Plant Names. Royal Botanic Gardens, Kew. ISBN 1-84246-085-4.
  • Smith, N., ‘William Paterson: amateur colonial botanist, 1755-1810’, Australian Garden History, 17 (1), 2005,
  • "Lists of Royal Society Fellows 1660-2007". London: The Royal Society. Retrieved 15 July 2010.
  • Bladen, F. M. (Frank Murcott), ed. (1897), Historical records of New South Wales, Volume 5—King, 1803-1805, Sydney: Charles Potter, Government Printer, pp. 494–500
  • Alexander, Alison (editor) (2005), The Companion to Tasmanian History, Centre for Tasmanian Historical Studies, University of Tasmania, Hobart. ISBN 1-86295-223-X.
  • Vernon S. Forbes and John Rourke (1980), Paterson's Cape Travels, 1777 to 1779, Johannesburg, Brenthurst Press. ISBN 0-909079-12-9
  • Leonard Guelke and Jeanne K. Guelke (2004), 'Imperial eyes on South Africa: reassessing travel narratives', Journal of Historical Geography.
  • Robson, L.L. (1983) A history of Tasmania. Volume 1. Van Diemen's Land from the earliest times to 1855, Melbourne, Oxford University Press. ISBN 0-19-554364-5
  • Anne-Maree Whitaker (2004), 'Mrs Paterson's keepsakes: the provenance of some significant colonial documents and paintings', Journal of the Royal Australian Historical Society.
  • Brendan Whiting (2004), Victims of Tyranny: The Story of the Fitzgerald Convict Brothers, Harbour Publishing. ISBN 0-646-43345-8
  • David S. Macmillan, 'Paterson, William (1755 - 1810)', Australian Dictionary of Biography, Volume 2, MUP, 1967, pp 317–319