ウィリアム・ヘンリー (グロスター=エディンバラ公)

グロスターエディンバラ公ウィリアム・ヘンリー王子(Prince William Henry, Duke of Gloucester and Edinburgh, 1743年11月25日 - 1805年8月25日)は、イギリス王族である。

ウィリアム・ヘンリー
William Henry
初代グロスターエディンバラ公
初代コンノート伯
WilliamHenryDukeOfGloucester.jpg
在位 1764年11月19日 - 1805年8月25日

出生 (1743-11-25) 1743年11月25日
イングランド王国の旗 イングランド王国ロンドン、レスター・ハウス
死去 (1805-08-25) 1805年8月25日(61歳没)
イングランド王国の旗 イングランド王国ロンドン、グロスター・ハウス
埋葬 イングランド王国の旗 イングランド王国ウィンザー、セント・ジョージ教会
配偶者 マリア・ウォルポール
子女 ソフィア
キャロライン
ウィリアム・フレデリック
家名 ハノーヴァー家
父親 グレートブリテン王太子フレデリック・ルイス
母親 オーガスタ・オブ・サクス=ゴータ
役職 陸軍元帥
テンプレートを表示

略歴編集

プリンス・オブ・ウェールズフレデリック・ルイスと妃オーガスタ・オブ・サクス=ゴータの三男として、ロンドンで生まれた。陸軍軍人となり、1762年ガーター勲章1764年には兄ジョージ3世よりグロスター=エディンバラ公位を授かった。1766年、秘密裡に7歳年上のマリア・ウォルポール(イギリス宰相ロバート・ウォルポールの庶系の孫。当時ウォルドグレイヴ伯未亡人)と結婚した。王族と、王族でない庶系の女性(しかも未亡人)との結婚であったことから、周囲に伏せたものである。この行いが、『王族は結婚の際に国王の同意を必要とする』旨を記載した1772年王室結婚令をジョージ3世が発令させるきっかけとなった。

ウィリアム・ヘンリーはマリアとの間に3子をもうけた。

また、アルメリア・カーペンターとの間に庶子ルイーザをもうけた。

ウィリアム・ヘンリーは1793年元帥となった。また、1771年から1805年にかけてダブリン大学学長英語版を務めた[1]。1766年にはフリーメイソンに加入した[2]

脚注編集

出典編集

  1. ^ "Former Chancellors 1592 -". Trinity College Dublin (英語). 2020年12月20日閲覧
  2. ^ 湯浅慎一 1990, p. 106.

参考文献編集

学職
先代:
ベッドフォード公爵
ダブリン大学学長英語版
1771年 – 1805年
次代:
カンバーランド=テヴィオットデイル公爵
グレートブリテンの爵位
爵位創設 グロスター=エディンバラ公爵
1764年 – 1805年
次代:
ウィリアム・フレデリック