ウィリアム・ベンティンク (第2代ポートランド公爵)

第2代ポートランド公爵ウィリアム・ベンティンク英語: William Bentinck, 2nd Duke of Portland KG FRS1709年3月1日1762年5月1日)は、グレートブリテン王国の貴族、政治家。1709年から1716年までウッドストック子爵儀礼称号を、1716年から1726年までティッチフィールド侯爵の儀礼称号を使用した。

閣下英語版
第2代ポートランド公爵
KG FRS
William Bentinck, 2nd Duke of Portland KG (1709–1762), by Christian Friedrich Zincke.jpg
個人情報
生誕 1709年3月1日
死没 1762年5月1日
墓地 ウェストミンスター寺院
国籍 イギリス人
配偶者 マーガレット・ハーレー英語版
子供 エリザベス英語版
ヘンリエッタ
ウィリアム
マーガレット
フランシス
エドワード
初代ポートランド公爵ヘンリー・ベンティンク
エリザベス・ノエル
第2代ポートランド公爵の紋章

生涯編集

初代ポートランド公爵ヘンリー・ベンティンクとエリザベス・ノエル(第2代ゲインズバラ伯爵ライオセスリー・ノエル英語版の娘)の息子として、1709年3月1日に生まれた[1]。1726年、父の死去に伴いポートランド公爵の爵位を継承した[2]。1739年に創設された捨子養育院英語版の初代総裁の1人になり[3]、同年12月6日に王立協会フェローに叙されたほか、1741年にガーター勲章を授与された[4]

第2代ポートランド公爵は公職を求めず、ブルストロード英語版の領地で親しい家族や友人と過ごした[2]

1909年の『The Handy-Book of Literary Curiosities』によると、1749年のボトル手品師英語版事件において、1人の男が1クォートの瓶に入ることを実演するとの噂を聞きつけた群衆がロンドンの劇場に集まったが、第2代ポートランド公爵もその1人だったという[5]

第2代ポートランド公爵は1762年5月1日に死去、長男ウィリアムがポートランド公爵の爵位を継承した[1]。ウィリアムは後にイギリスの首相を務めることになる[1]

家族編集

1734年7月11日、マーガレット・ハーレー英語版(1785年7月17日没、第2代オックスフォード=モーティマー伯爵エドワード・ハーレーの娘)と結婚、2男4女をもうけた[1]

  • エリザベス英語版(1735年7月27日 – 1825年12月12日) - 1759年3月22日、第3代ウェイマス子爵トマス・シン(後の初代バース侯爵)と結婚[1]
  • ヘンリエッタ(1737年2月8日 – 1827年6月4日) - 1763年5月28日、グレイ卿ジョージ・グレイ(後の第5代スタンフォード伯爵および初代ウォリントン伯爵)と結婚[1]
  • ウィリアム(1738年 – 1809年) - 第3代ポートランド公爵
  • マーガレット(1739年7月26日 – 1756年4月28日)
  • フランシス(1741年4月9日 – 1743年3月) - 夭折
  • エドワード(1744年3月3日 – 1819年10月8日) - 1782年12月28日、エリザベス・カンバーランド(1837年没)と結婚[1]

脚注編集

イングランドの爵位
先代:
ヘンリー・ベンティンク
ポートランド公爵
1726年 – 1762年
次代:
ウィリアム・キャヴェンディッシュ=ベンティンク