メインメニューを開く

ウィリアム・ライト (宣教師)

ウィリアム・B・ライト(William Ball Wright、 1843年10月5日 - 1912年12月)は、英国聖公会宣教師である。日本に派遣されて明治時代に活躍した。

1843年にアイルランドキルケニー州に生まれる。アイルランドのダブリントリニティ・カレッジを卒業して、1867年に按手礼を受け、祭司に任職される。1873年9月25日(明治6年)アレクサンダー・クロフト・ショーと共に米国を経て横浜に渡来。東京四谷に家を借りて、講義所(伝道所)を開設する。

英語学校の乙亥英語学校を併設する。初代校長に島田弟丸を任命する。以降、赤坂青山小日向などに講義所と英語学校を併設する。英語学校で聖書とキリスト教倫理を教える。さらに、農村地帯まで宣教地を拡大する。

1882年2月に日本を離れて英国に戻る。1912年12月に英国のヨーク近いで溺死する[1]

参考文献編集