ウィリアム・ロイド・ウェバー

ウィリアム・ロイド・ウェバー(William Southcombe Lloyd Webber, 1914年3月11日 ロンドン1982年10月29日 同地)は、イギリスオルガニスト作曲家

ウィリアム・ロイド・ウェバー
生誕 (1914-03-11) 1914年3月11日
出身地 イギリスの旗 イギリス ロンドン
死没 (1982-10-29) 1982年10月29日(68歳没)
学歴 王立音楽大学
ジャンル クラシック音楽
職業 作曲家

経歴編集

1914年、ロンドン生まれ。

1964年より王立音楽大学の終身学長であった。作曲家としては長らく無名であったが、2人の息子ジュリアンアンドルーの活躍を通じて、自身の作品も再浮上するようになった。アンドルーの『レクィエム』は、父ウィリアムの追悼音楽にほかならない。

作品は、ASVやハイペリオン、シャンドスなどと、英国のレーベルから録音が相次いでいる。2005年に宗教曲『聖なる憐れみ』(The Divine Compassion)がエオリアン・シンガーズの上演によって復活した。『ヨハネ福音書』のキリストの受難の章に基づくこの大作は、上演に95分を要する。2007年の夏には、ロンドンにおいて「ウィリアム・ロイド・ウェバー音楽祭」が催された。

脚注編集


外部リンク編集